x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone着信履歴復元

iPhoneの着信履歴を復活したい方はこちらへどうぞ

編集者 天川 北雄
2015.6.12 金曜日

普段はあまり注意していませんかもしれないけど、iPhoneの着信履歴に思わぬところで助けられることって結構いますね。発信者の名前や番号だけではなく、通話の時刻や持続時間など、いろんな情報を記録しています。昔の出来事や通話のやりとり等を思い出せたい時はすごく役に立ちます。こんな便利のデータがもし失った時の対処法として、「iPhoneデータ復元」を使って消えた着信履歴を復元する方法を紹介します。

iPhoneデータ復元」はFonePawソフトウェアより開発された、iOSデバイス専用のデータリカバリーソフトです。最新のiPhone 6・6 PlusとiOS8.3も対応。「iPhoneデータ復元」を通じてデータを復元するには三つのモードを選べます。iPhone本体から復元・iTunesバックアップファイルから復元・iCloudバックアップファイルから復元の三つです。ここからはこの三つのモードを使って、iPhoneの着信履歴を復元する手順です。


ソフトのダウンロードはこちら
ダウンロードダウンロード


モード1.iPhone本体から着信履歴を復元する
モード2.iTunesバックアップファイルから着信履歴を復元する
モード3.iCloudバックアップファイルから着信履歴を復元する


モード1、iPhone本体から着信履歴を復元する



ステップ1、パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します、そして「iPhoneデータ復元」を起動してください、自動的に接続したiPhoneの機種を識別します。iPhoneが識別されたら、「スキャン開始」のところをクリック。

iPhoneを繋ぐ

ステップ2、スキャン完成後、iPhone中にある全部のデータをプレビューする事ができます。着信履歴を復元したいなら、左のメニューから「通話履歴」を選択してください。ここで今iPhoneなかにいる、削除されたものを含めてすべての通話履歴を確認できます。復元したい履歴にチェックを入れて、「復元」ボタンを押せば、選んだ履歴はパソコンへ復元されます。

着信履歴を復元

モード2.iTunesバックアップファイルから着信履歴を復元する



ステップ1、「iPhoneデータ復元」を起動して、左の「iTunesバックアップファイルから復元」をクリック。すると復元できるすべてのiTunesバックアップファイルが表示されます。表示されたバックアップファイルの機種やバックアップ時間によって、復元したいバックアップファイルを選んで、「スキャン開始」のボタンを押してください。

iTunesのバックアップファイル

ステップ2、解析されたiTunesバックアップファイルの中身を確認できます。「通話履歴」を選んで、中にいる履歴をプレビューして、復元したいのを選択してください。最後に「復元」をクリックすれば、選ばれた履歴はHTMLファイルとしてパソコンの指定位置へ復元され、いつでも閲覧できます。

iTunesバックアップから通話履歴を復元

モード3.iCloudバックアップファイルから着信履歴を復元する



ステップ1、まずはパソコンで「iPhoneデータ復元」を起動してください。左の三つのモードから一番下の「iCloudバックアップファイルから復元」をクリックします。次の画面でApple IDとパスワードを入力すれば、iCloudへのサインインができます。

iCloudをサインイン

ステップ2、iCloudにサインインしたあと、中にいるバックアップファイルが全部表示されます。バックアップの機種や時間などの情報も確認できますので、この中に復元したいバックアップファイルの後ろにある「ダウンロード」ボタンを押してください。

iCloudバックアップファイルをダウンロード

ステップ3、ダウンロード完成したら自動的にバックアップファイルの解析が始めます。そして中のデータはカテゴリ別で表示されます。「通話履歴」をクリックして、その中にある履歴から復元したいのをチェックして、「復元」ボタンを押してください。そうすれば選ばれた履歴は一つのHTMLファイルの中にまとめて、パソコンへ復元します。

カレンダーを復元

以上、三つモードでiPhoneの着信履歴を復元する方法です。操作は簡単、説明通りにやればすぐできるはずです。必要ある方は是非ソフトをダウンロードして体験してみてください。


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone着信履歴復元

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018