x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 充電できない

iPhoneが充電できない時の対策方法

編集者 星野 毅
2017.7.25 火曜日

最近、筆者は利用しているiPhone 6に充電する時、急にデバイスが充電できなくなったことを気づきました。いろんなで解決方法を試したあと、最後はiPhone 6をiTunesでリセットして解決出来ました。iPhoneが充電できない原因と言えば、実にさまざまあり、更に解決方法も原因によって異なります。今回はよく見かける充電できない原因とその対策方法をまとめて紹介します、ご必要があれば試してください。


一、iPhoneは不具合が発生した



iPhoneは不具合が発生してフリーズになった時、充電できなくなる可能性があります。この場合、まずは電源ボタン長押ししてiPhoneをオフじて、再起動してみてください。もし再起動ができなく或はオフできない場合、深刻なシステム障害でお持ちのiPhoneが文鎮化になったと考えられます。そんな時は文鎮化したiPhoneの解決方法をご参考ください。


二、充電用のパソコンUSBポートや電源タップに不具合が発生した



USBポートや電源タップを利用してiPhoneを充電する場合、もしUSBポートや電源タップが錆びて、或いは壊れたなどの問題があれば、充電できなくなるかもしれません。この場合、他のUSBポートや電源タップに変えて試してください。

電源タップ

三、iPhoneの充電(Lightening)ポートが接続不良



日常iPhoneを利用する時、埃や汚れ、異物などがiPhoneの底部にある充電(Lightening)ポートに付着するのは珍しいことではありません。付着物が多い過ぎれば、 Lightningケーブルとの接続が不良になる可能性が高いです。だから提供充電ポートを含め、スマホを掃除することがおすすめです、綿棒でポートにある付着物をふいてみましょう。

充電ポート

四、Lightningケーブルと電源アダプタは問題が発生した



Lightningケーブルの断線や電源アダプタが故障などの場合、iPhoneも充電できなくなります。一番簡単な解決方法は新しいケーブルやアダプタを購入することです。購入するにはアップル純正のLightningケーブルと電源アダプタがおすすめです。非正規のケーブルと電源アダプタを使うと、充電が遅いや壊れやすい、更にiPhoneにダメージを与える可能性もあります。

ケーブル

五、iPhoneの部品が故障した



iPhoneバッテリーの寿命が終わり、iPhoneの充電ポートが壊れた等もiPhoneが充電できない原因になれます。特にiPhone 7にはイヤホンポートと充電ポートがひとつのLightningポートに統合されたので、頻繁にイヤホンやLightningケーブルを抜き差しによるの損耗も充電ポートが故障する可能性を増やします。部品が故障したかことを自分で判断できない場合、Appleサポートに相談してみましょう。

Appleサポート

もし故障部品が故障したことが確認した場合、iPhoneを修理する必要があります。Apple公式の修理サービスに詳しく知りたいでしたら、Apple修理サービスで故障iPhoneを修理するについてをご参考ください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018