x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone コンパス 使い方

iPhoneのコンパスアプリの使用方法

編集者 橋本 学
2018.9.19 水曜日

iOSには、「コンパス」というアプリが搭載されています。地図アプリがある以上、方向を表示す、方位磁石みたいなアプリにはどんな使い道があるのか不思議に思ったことはありませんか。実は、この「コンパス」は方法を示す以外、他の使い道もあります。ではご紹介しましょう。


iPhoneのコンパスアプリの使用方法
使う前の準備:コンパスを調整
使い方その一:方向を調べる
使い方その二:水平器で地面の角度を調べる

iPhoneのコンパスアプリの使用方法



使う前の準備:コンパスを調整



まず、コンパスを起動してみましょう。

コンパス 通知

起動して早々、位置情報の利用を求めてきます。許可をタップすれば、現在地の経緯度が表示されるようになります。


もし以前に使用した時に許可しないを選んだら、許可に変える方法は以下の通りです:


「設定」アプリを開き、「プライバシー」>「位置情報サービス」の中にある「位置情報サービス」のスイッチをオンにします。それから、コンパスの「許可しない」「このAppの使用中のみ許可」に変えます。

位置情報サービス

位置情報の許可をタップした後、調整画面が表示されます。コンパスの指示通り、画面を傾けて、赤いボールが円を添うように転がしましょう。

iPhone 調整

調整ができたら、次ぎはコンパスを使う時がきます。


使い方その一:方向を調べる



「コンパス」の基本機能の一つは現在向いている方角を教えてくれます。それを正しい方角を示させたい時は、ちょっとした手順が必要となります。


まず、円に十字みたいなアイコンがあります。それを動かして、中央の十字カーソルに合うようにバランスをとります。

iPhone 十字カーソル

それから、示させたい方角を決めて、画面をタップすることでその方向をロックします。そうしたら、ロックした方向からずれると、赤い帯状のものが表示されどれぐらいずれているかがわかるようになっています。この機能を使ったら、ある決まった方向に向かってまっすぐ進めることができるようになります。

iPhone 方角 方向

ロックした方向は、ふたたび画面をタップすることで解除することができます。
また、このアプリは環境など磁気的なものに影響が受けやすいので、使う時周囲にそれに影響を与えるものがあるかどうかをよく確認してください。


そして、「設定」>「コンパス」の中には、「真北を使用」というスイッチがあります。真北というのは北極点を示す方向です。スイッチをオフにすると、コンパスは「磁北」という方位磁石が示す北の方向のことを指します。ほとんどの場所では「真北」と「磁北」にずれがありますので、デフォルトの「真北」にしておいたほうがいいでしょう。


使い方その二:水平器で地面の角度を調べる



「コンパス」アプリのもうひとつの機能は水準器です。画面をスワイプすることで、コンパス画面から水準器に切り替えられます。


使い方としては、iPhoneの画面を上に向けて、水平におきます。その時に画面はずれの程度を黒地に数字で表示します。完全に水平の状態の場合は、画面が緑色になります。

iPhone はずれ

傾きを表示した後に画面をタップするとロックすることができます。その状態でもう一度画面を傾けると、ロックした角度からの相対的な傾きが赤地で表示されます。

iPhone ルーラー

この水準器はiPhoneを立たせて使うこともできます。ルーラーとして傾きの角度を測ることができます。そして同じく、タップするとロックができ、相対的な傾きを調べることができます。

iPhone 水準器

方向を示すだけではなく、「コンパス」には小さい水準器みたいな機能もあります。部屋の飾りの傾き調整などちょっとしたところにも使える水準器機能を、試してみたくありませんか。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018