x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone テザリング

iPhoneデザニング機能の設定方法

編集者 馬井 殿人
2017.12.6 水曜日

移動中で複数の端末にWIFIが必要になったことはありますか。たとえば、車運転の時には家族達のスマホやタブレット、携帯ゲーム機などもWi-Fiが必要な場合があります。インターネットの共有は普段Wi-Fiルーターでできますが、外出する時は不便になります。その時は、iPhoneのデザリング機能を使ってください。


デザリングとは何ですかとまず疑問に思う人もいるでしょう。デザリングとは、iPhoneをWi-Fiルーターのように利用することです。つまり、ネットに繋いだiPhoneでデザリング機能を使えば、他の設備(スマホ・パソコン・ゲーム機など)はそのiPhoneを通じてネットに接続できるようになります。


では、デザリングはどうやって設置すればいいのでしょうか?方法はWi-Fi デザリング・USBデザリング・Bluetoothテザリングと3種類ありますが、もっとも使われるのはWi-Fi デザリングです。次にこれらの設置方法をご紹介いたします。


Wi-Fi デザリング



※この方法はiPhone 5以上使用可能です
まず「設定」から「モバイルデータ通信」に入ります。それから、「インターネット共有」をタップします。OSバージョンにより「モバイルデータ通信」の下に「インターネット共有」のオプションが出るかもしれませんが、同じものです。

インターネット共有

2.「インターネット共有」右にあるボタンをタップして、オンにします。

インターネット共有

他の端末でWi-Fiを検索すれば、iPhoneの名称と同じ名前のWi-Fiが出てきます。パスワードはiPhoneの設定で表示され、変更も可能です。パスワードのバーをタップして、好きな8桁以上パスワードを8桁以上入力し、完了をタップすればいいです。

パスワード

このパスワードを使い、他の端末はこのiPhoneのWiFiに接続できます。接続が完了したら、画面の上には「インターネット共有:○台接続中」という青いバーが表示されます。


USBデザリング



これは従来の携帯電話で使われている方法ですが、今のスマートフォンは使えるもののあまり便利ではないのであまり使われていません。まず、iPhoneのデザリング(インターネットの共有)をオンにします。方法は上述をご参考ください。それからiPhoneと他の端末をUSBケーブルで接続します。有線接続した後、それらの端末はインターネット接続が可能になります。


Bluetoothテザリング



これはBluetooth対応のスマホ、パソコンやカーナビを接続する際に使える方法です。iPhoneのデザリングをオンにした後、iPhoneの「設定」に入り、「Bluetooth」もオンにします。これで他のデバイスはこのiPhone のBluetoothが検出されるようになります。Bluetooth対応端末のBluetooth画面でデザリング中のiPhoneを選択し、ペアリングをタップします。Bluetooth接続された後、この端末でインターネット接続できます。


このように、iPhoneのデザリング機能を使えば、iPhoneを通して他の端末をネットに繋げることができます。外出やデバイスが多い時はぜひこの方法を使ってみてください。但し、デザリングを利用する場合は、キャリアごとにオプション料金がかかりますので、事前に確認することをお勧めします。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018