x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 脱獄 アプリ

iPhoneのおすすめ脱獄方法と脱獄アプリ

編集者 石橋 東雅
2016.8.19 金曜日

iPhoneなどのiOSデバイスの「脱獄」という意味がわかるでしょうか。「脱獄」はいろいろなリスクがある行為ですが、iOSデバイスの機能を制限している「獄」から脱出させることで、iPhoneのより多くの機能を自由に使うことが可能ですので魅力的だとも言えます。


何か機能を実現したいが、このような機能を持つ脱獄アプリは脱獄しないとインストールして利用することができない場合があります。そのため、本記事では脱獄したい皆様におすすめのiPhoneの脱獄方法と脱獄アプリを紹介します。脱獄方法の紹介を読みながら操作して、脱獄後、おすすめの脱獄アプリをダウンロードして利用してみましょう。


ご注意:Appleの使用規約を違反したから、脱獄後のデバイスはAppleのサポートを受けられませんが、法律の違反とは言えないめ、脱獄したい方は、安心してください。でも、なんといっても脱獄はリスクがある行為です。iPhoneを故障にさせる可能性がありますから、脱獄とはどんなメリットやリスクがあるかをよく調べて、すべての操作は自己責任と了承した上で脱獄を行いましょう。


iPhoneを完全に脱獄させる方法


こちらでオススメしたいのは「Panggu」という完全脱獄ツールです。iPhoneだけではなく、iPod touch・iPadの脱獄も可能です。具体的に対応するiOS機種のバージョンはソフトの公式サイトを参考にしてください。
(公式サイトによると、「Panggu」は現在既に「iOS 9.3.3」までに対応できますが、デバイスにより、脱獄の途中、まだ何かの問題が起こってしまうリスクが有りますので、ぜひ注意してください。)

公式サイト:http://en.9.pangu.io/

Pangu

公式サイトにはWindowsとMacに対応するバージョンのダウンロードが有ります。脱獄したいなら早速ソフトをダウンロードしましょう。ダウンロードしたものはパソコンで起動するソフトですが、脱獄している途中に接続しているiPhoneに脱獄用の「Pangu」アプリと「Cydia」が追加されますので、注意してください。


ステップ1 ソフト起動
まずは、ダウンロードした「Pangu」を起動してください。(起動する時、「Pangu.exe」ファイルを右クリックしてから「管理者として実行」をクリックして、管理者モードで起動することはおすすめします。)次に、脱獄をしたいiPhone・iPad・iPodなどのiOSデバイスをPCと繋ぎます。「Pangu」に識別されたら、デバイスの機種・バージョンは自動的に画面に表示されます。では、画面真ん中の“Start”(スタート)ボタンを押して脱獄プロセスを始めましょう。

スタート

ステップ2 脱獄準備
1.次には、脱獄前の準備が始まります。iPhoneのデータを事前にバックアップすることは一番大切なことです。必ず事前に取っておいてください。iTunesやiCloudでバックアップすることは一般的ですが、選択的に大切なデータをバックアップしたいなら、「iPhone転送」ソフトをおすすめします。既にバックアップを取っておいたら、「Already backup」ボタンを押して次へ進みます。

バックアップ確認

2.iOSデバイスを機内モードにすることは脱獄成功確率をアップさせますから、コントロールセンターで有効にしておいてください。前もって機内モードにしなくても、脱獄途中、5%ところで「機内モードにしてください」と表示して、65%のところも「ロックを解除して、再び機内モードにしてください」ということが表示されます。

機内モード
ロック解除

ステップ3 デバイスから脱獄
75%のところから、「ロックを解除してから、Panguアプリを実行してください」と表示されます。これから、iOSデバイスのほうから脱獄の操作を続けましょう。

アプリ操作

Panguアプリを起動してから、「Accept」というボタンをタップすれば、「Panguが写真へのアクセスを求めています」と表示します。右下の「OK」を選んでください。(注意すべきのは、最後の再起動が失敗してしまい、「Cydia」が追加されない可能性があります。事前にデバイスの写真アプリを実行することは再起動と「Cydia」追加の成功確率をアップさせますから、Panguアプリを開く前に、写真アプリを起動しておくことはおすすめです。)

許可

ステップ4 脱獄終了
写真へのアクセスが成功した後、脱獄作業は続き、最後に再起動が行われています。再起動した後、ホームメニューには「Cydia」というアプリが追加されます。

Cydia

脱獄が終了したらメニューで確認してください。では、このやり方で皆様の脱獄がうまくいくことをお祈りします。


iPhoneのおすすめ脱獄アプリ


脱獄が成功したら、Cydiaを通じて脱獄アプリのダウンロードとインストールが可能です。では、これから、自分で希望の脱獄アプリをダウンロードしましょう。どんな脱獄をダウンロードする方がいいかわからない場合、ここで脱獄したデバイスに役に立ち、iPhoneをカスタマイズすることができるおすすめの脱獄アプリをいくつ紹介します。ご参考にしてください。


iPhoneの機能を改善する脱獄アプリは多数を占めたため、機能があっさりとしてもアイコンが地味なタイプが多いです。違いアプリなのに同じアイコンを使用する場合もあります、利用する時は注意してください。


IFile
価格:「機能制限版」無料/「フル機能版」$4.00
対応iOSバージョンはiOS7・ 8・9です。機能が多くて大人気の王道ファイル管理アプリです。主な機能はファイルの検索・閲覧・編集・置換などのことで、テキストの内容を検索する機能もあるからとても便利です。
注意:この脱獄アプリ「iFile」はApp Storeの「iFiles」と違います!

IFlie

FolderEnhancer
価格:$0.99
対応iOSバージョンはiOS7・ 8・9です。フォルダ機能を強化する大人気の脱獄アプリです。フォルダ内にフォルダを収納したり、フォルダの中の列・行の数をカスタマイズしたり、いろいろな細部を調整したりすることができます。

FolderEnhancer

AudioRecorder 2
価格:$3.99
対応iOSバージョンはiOS 8・9です。LINE・電話の通話録音、iOSのシステム音・アプリ音の録音、どちらでもできます。また、録音ファイルはPCへ移行可能です。

AudioRecorder 2

Fascy
価格:無料
対応iOSバージョンはiOS7・ 8・9です。Safariなどのブラウザでネットサーフィンをする時、スクロールのスピードをあげる機能を持ちます。スクロールは通常よりスムースになり、スクロール距離も増えています。

Fascy

App Admin
価格:無料
AppStoreのアプリの任意のバージョンを指定してからインストールすることができる不思議なアプリです!アップグレードしたら脱獄環境を検知して起動できないアプリが有りますので、その場合、「App Admin」であのアプリを過去のバージョンにダウングレードすることがオススメです。

App Admin

では、脱獄が終了したら、脱獄環境をよく利用して、脱獄アプリでiPhone・iPad・iPodのシステムを改善しましょう!

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018