x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone マップ

Appleの「マップ」と「Googleマップ」の比較

編集者 星野 毅
2017.3.13 月曜日

マップアプリはとても便利で、無料使えるだけでなく、路線、乗り換え、交通状況などの情報を手軽に見つけます。マップアプリはたくさんあり、その中代表的なマップはiOS専用の「Appleマップ」(以下略称「マップ」)と「Googleマップ」です。iOS10以前の「マップ」に記載される地図の情報は豊富ではありません。しかしiOS10の「マップ」は地図の情報をたくあん追加するの他に、ショッピング、飲食などの情報の検索を追加されましたので、実用性は大幅に向上、もっと魅力になります。

マップアプリ

「Googleマップ」は一貫して、最も詳しい地図情報または路線マップナビのサービスを提供します。「iPhoneの「マップ」より、「Googleマップ」の方がいいの?」などの質問を持つ方はあるかもしれません、実は「マップ」と「Googleマップ」は各自の特徴があります。ではここで「マップ」と「Googleマップ」を比較して、結果を皆さんに簡単解説します。


1、地図



「Googleマップ」は道路の情報を専念しいるので、地図が最も詳細で、分かりやすい見た目になっています、航空写真+3Dマップなども提供しています。それに地図を拡大すれば、もっと詳しい道路の情報以外、実景の写真も表示できるから、場所を探す場合はとても便利です。

Googleマップ

「マップ」地図は以前のパーションより改善されるけど、地図情報の豊さは「Googleマップ」と比べればまだ不足があります、例えば道路標識、建物の情報なども詳しくないです。しかし、iOS 10の「マップ」は「Googleマップ」がない機能があります。それは現在地周辺からレストランやレジャー施設を検索する機能です。この機能を使えば、手軽に目的地周辺のレストラン、ガソリンスタンドなどの施設を検索できます。レジャーの場所を探しようとする場合は役に立てますね。

Appleマップ

2、ナビ機能



ナビ機能(経路検索)は日常よく使われる機能で、これもマップアプリ比較の肝心な要素です。iOS10の「マップ」はナビ機能を大幅に向上して、路線の検索は「車」・「徒歩」・「交通機関」及び「配車サービス」四つ分けています。場合によって検索方法を選択すれば、詳細な経路が速やかに作成できます。それから音声案内の機能も搭載しています。しかしながら車ナビ機能の画面は「Googleマップ」より少し粗末な感じがあり、実際利用の時確かに一目瞭然ではありません。

Appleマップ

「Googleマップ」は「車」「徒歩」「交通機関(電車・バス)」三つの路線ナビを提供して、詳しい経路の情報を確認することができます。乗り換え案内の候補も複数表示され、車を利用する場合、カーナビも一目瞭然な路線があり、「マップ」のように「Googleマップ」も音声案内の機能を搭載、実に大変便利です。

Googleマップ

前述の通り、「Googleマップ」は道路の情報を専念し、アップルの「マップ」はショッピング、映画館、飲食店などの位置情報を重視します。それから見れば、「Googleマップ」と「マップ」の使い道は少し異なります。本質に言うと、「Googleマップ」はユーザに交通路線をガイドして、「マップ」はユーザにレクリエーション場所を提供します。だから路線を探す場合、「Googleマップ」に任せて、レクリエーション場所を検索したいなら、「マップ」が適任です。皆さんは需要によって、選んで使いましょう。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018