x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 文字 サイズ

iPhoneの文字サイズを変更する方法

編集者 星野 毅
2017.3.15 水曜日

iPhoneを利用する時、視力がいい方にとって標準の文字サイズでもiPhoneを楽に利用できますが、視力が悪い方やお年寄りにとってそうではありません。文字のサイズを大きくする方がいいです。実は、iPhoneは「Dynamic Type」という文字のサイズを手軽に変更する機能があります。


変更方法:
1、「設定」―「画面表示と明るさ」の順でタップします。
2、文字を太くしたいなら、「文字を太くする」をオンにします。
3、サイズを変更する場合、「文字サイズを変更」をタップして、需要によってスライダをドラッグします。


要注意なのは、「文字を太くする」をオンにする時、「この設定を適用すると、iPhoneが再起動します」提示が現れます。この時「続ける」をタップした後、画面が黒くになって再起動します。その後、iPhoneのロックを解除した後、文字が太くになります。サイズを変更する場合、スライダをドラッグする同時、提示文字のサイズもともに変更します。

Dynamic Type

これで、iPhoneシステムや大部分純正アプリの文字サイズが変更することができます。しかし、すべてのアプリの文字サイズ変更がDynamic Typeに対応しているわけではありません。「Safari」「Twitter」などのアプリ自身は文字サイズを変更する機能がある場合がありますので、アプリの中に変更する必要があります。アプリによって変更方法が異なるが、大体アプリ中の設定で変えます。それから乗り換え案内アプリ等を利用する時、文字サイズを大きすぎるに設定すると、かえて見にくい場合もあります。皆さんはご注意ください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018