x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone OLED 発注

iPhone 8のため、アップルは7000万枚のOLEDディスプレイを発注

編集者 星野 毅
2017.4.6 木曜日

海外の報道より、今年はiPhone誕生の10周年記念ですので、アップルはOLEDディスプレイを搭載するiPhone 8(仮称)を発表する予定そうです。海外マスコミからの消息より、アップルは最大のライバルと言えるSamsungに、7000万枚のOLEDディスプレイを発注した。OLEDの領域に、Samsungは最も高い技術があるため、iPhone 8のOLEDディスプレイ唯一のサプライヤーになる。

iPhone 8

アップルはOLEDディスプレイのサプライヤーを決めるまでたくさんの問題があるようです。アップルはSamsungへの依頼を減少するため、他のサプライヤーとの協力も検討したが、OLEDディスプレイ業の現状より、一番いい選択はやはりSamsungしかない。Samsungもアップルの注文に対して、2017年内に最大9500万枚の有機ELディスプレイを供給できる準備があるとのことです。


前の情報によると、iPhone 8は5.2インチのOLEDディスプレイを搭載、ワイヤレス充電に対応、耐水と防塵機能も搭載するの他、顔認識などの新しい技術を追加するようです。iPhone 8の価格は1000ドル以上で、iPhone 7sシリーズと一緒に公開される可能性は高いが、出荷量の問題で正式発売は9月以降になると予想される。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018