x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 圏外

iPhoneの「圏外」状態が直らない場合に試す六つの対処法

編集者 馬井 殿人
2017.11.1 水曜日

利用環境が変わった時だけでなく、明らかに圏内にいてもiPhoneが突然に「圏外」になる可能性があります。こういう「圏外病」に悩まされているiPhoneユーザーはたくさんあるはずです。さあ、次に並べる六つの方法を使い、この「圏外病」を自分で直してみましょう。


1.iPhoneを再起動


iPhoneを再起動

スリープボタンを長押しして、スライドで電源をオフ状態にしてからもう一度iPhoneを起動してください。iPhoneに問題が起こったときに最初に試すべき対処法です。


2.機内モードに切り替える



一時的に使いづらい場合は、回線トラブルも考えられます。こういう場合、iPhoneのスクリーンを下から上へスワイプしてから、飛行機のマークをタップして機内モードを一旦オンにしましょう。しばらく経ったらまた飛行機のマークをタップして機内モードをオフにしてください。そうすれば改善されるかもしれません。

機内モード

3.iOSをアップデート



ユーザーの報告によれば、最新バージョンのiOSシステムにアップデートすると「圏外病」が改善するので、ぜひ試してみてください。


「設定」アプリを開き、「一般」をタップします。ソフトウェアアップデートを選んでから「同意する」を選択して、ダウンロードとインストールをスタートして、あとは完成するまで待つだけです。


4.キャリア設定をアップデート



「設定」アプリを開き、「一般」をタップします。ソフトウェアアップデートを選んでから「同意する」を選択して、ダウンロードとインストールをスタートして、あとは完成するまで待つだけです。

キャリアアップデート

5.ネットワーク設定をリセット



「設定」アプリから「一般」を開いて、「リセット」を選んでください。「ネットワーク設定をリセット」をタップしてリセットを行いましょう。

ネットワークリセット

6.「4G」を「3G」に変える



「設定」アプリを起動し、「モバイルデータ通信」を選びます。次に、「モバイルデータ通信のオプション」を開き、「4Gをオンにする」をタップします。「4G」ネットワークをオフにしてください。


3G回線は4G回線より届いてる範囲が広いので、試す価値があります。3G回線を使った場合、ネットの繋がりは4G回線ほど良くないが、電話は問題なく出来ます。


「圏外病」を解決できる六つの対処法を紹介しましたが、これまで紹介された方法を全部試したとしても直らなかったら、デバイスの故障が原因かもしれません。すぐにAppleサポートに連絡し、もしくはキャリアに相談しましょう。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018