x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone おやすみ モード

iPhoneのおやすみモードとは?使い方はこちら!

編集者 馬井 殿人
2017.12.29 金曜日

夜中によく知らない電話からの騒がすを受けた経歴がある人は少なくないでしょう。このような場合はどうすればいいですか?今日はみんなにiPhoneのおやすみモードを紹介します、上記の状況で役に立てるかもしれません。


おやすみモードはとてもすばらしい機能です。マナーモードでは音が出ないですが、振動はします。しかしおやすみモードを起動中、たとえに電話が入ってきた、或いは通知事項あっても、iPhoneは鳴らすや震動することが一切せず、ユーザーが安心に休むことができます。


おやすみモードを設定する方法



コントロールセンターから起動


スクリーンの一番下から上にスライドして、コントロールセンターを引き出すことができます。三日月のアイコンをタップすると、おやすみモードは有効にされます、スクリーン上のステータスバーにも三日月のアイコンが表示されています。

コントロールセンター

設定アプリでの起動方法と設定


1、iPhoneの設定アプリを起動し、おやすみモードをタップします。

設定

2、【今すぐオン/オフ】の右のボタンをタップします。アイコンを緑に変更すると有効で、もう一度タップして白くなると無効にすることができます。

オン

3、毎日手動で開閉することにめんどくさいと感じましたら、時間指定をオンにして、開始と終了時間を設定できます。例えば夜22時から朝7時に設定して、するとおやすみモードが時間になったら自動的に有効にされます。

時間を設定

4、【着信を許可】をオンにすると、おやすみモードにしても、特定な人から正常的に電話を受けます。その中に【すべての人】【だれも許可しない】【よく使う項目】3つのオプションがあります。【すべての人】はおやすみモード中にすべて電話を受けることができます。【だれも許可しない】はすべて電話を受けることができません。【よく使う項目】はよく使う項目に一部の人からの電話しか受けません。

着信を許可

5、【繰り返しの着信】このオプションはおやすみモード中、急用な電話がある時のためにの機能です。この機能をオンにすると一つの番号から3分内で、連続して2回かけられると、おやすみモードの影響を受けず、正常に受信できます。

繰り返しの着信

おやすみモードを使えば、外部からの影響を排除することができます。休みたい時に実用的な機能です。ご必要がありましたら上記紹介した方法で設定してみてください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018