x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 利益

iPhone:機種は少ないが利益が大きい

編集者 星野 毅
2017.3.2 木曜日

2月27日TechWeb の報道より、アップルは2016年にたった三つの新機種を発表して、業界の中に最も少ないが、純利益の方は逆に業界で最も大きい。

調査報告

近日、Statistaを一つの調査報告書を発表した。アップルは2016年に過去の慣例を打ち破って、iPhone SE、iPhone 7とiPhone 7 Plusを発表した。これはiPhoneの誕生から、アップルに発表されたスマホが最も多い一年だ。それでも、アップルに発表された新機種は業界で依然として最も少ない。最大の競争相手Samsungは2016年に31つのスマホを発表して、アップルの10倍以上、業界の中に最も多い。Lenovo、ZTE、Huaweiなどのスマホメーカーも2016年で20以上の新機種を発表し、アップルより遥かに多い。


アップルに発売される機種は業界に最も少ない、しかしiPhoneの純利益が最も大きい。出荷量から見ると、iPhoneは2016年に2.15億台を出荷して、3.11億台出荷のSamsungに次ぎ、二位になった。2016年、iPhoneの市场シェアは少し下げたが、依然14.6%の市场シェアがあり、二位にを保持している。

ティム・クック

iPhoneの出荷量と市场占有率はSamsungと比べて劣ったが、ハイエンド市場に着目しているアップルは巨大な利益を得て、他のメーカーはアップル足元にも寄せ付けない。


最近四半期から言えば、iPhoneはスマホ業界90%の利潤を得て、Samsungは9%だけ。前にあるアナリストはiPhoneの純利益が108億ドルあると予測したこともある。当時スマホ業界全部の利益はただ102億ドルだ。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018