x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 修理

Apple修理サービスで故障iPhoneを修理するについて

編集者 星野 毅
2017.3.3 金曜日

iPhoneは発表される時からに人気を集めています。iPhoneはとても精密な機械ですから、利用している時気を付かないと、iPhoneの画面が割れてしまったり、水没させてしまったりするなどの場合があります。この時、Apple Storeで故障したiPhoneを修理することがおすすめです。

iPhone

Apple StoreはAppleに認定された修理エキスパートがあり、代替機の貸し出しサービスもあります。Apple Storeでの修理に使用しているパーツは純正品ですから、安心です。今回はApple修理サービスで故障が出るiPhoneを修理するについて、皆さんに紹介します。


Part1、お持ちのiPhoneのApple 製品限定保証の保証状況とAppleCare+を確認



1、新しいデバイスを購入する時、iPhone と Apple 純正アクセサリの製造上の欠陥が保証対象になるApple 製品限定保証というサービスがあり、保証期限は購入した日からの 1 年間です。しかし、Apple 製品限定保証は製造上の欠陥が保証対象になるから、過失・事故・不正改造による損傷は保証対象外です。

Appleサポート

2、AppleCare+は一年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートを延長するサービスです。このサービスを購入すれば、ハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されるだけでなく、過失や事故による損傷の修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で最大2回まで受けることができます。


以上の具体の保証状況を確認をしたい場合、このページでハードウェアのシリアル番号を入力すれば確認できます。

確認

Part2、対応している修理、料金と所要時間



1、iPhoneの画面、バッテリーの修理がもちろん、Appleはデバイス水没、カメラの損傷などの修理も対応します。ご注意すべきことは、壊滅的な損傷や不正改造による機能障害などでの修理できない場合もあります。


2、修理の料金:
1)画面修理サービスの料金:
AppleCare+を購入する場合:

AppleCare+を購入する場合

保証対象外の場合:

保証対象外の場合

2)バッテリーサービスの料金:

バッテリーサービス

3)他の部品の修理サービス料金:
前述のように、過失や事故による損傷の修理などのサービスをそのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で最大2回まで受けることができます。保証対象外の場合、損傷によって料金が違います。


4)所要時間:

所要時間

修理の状況を確認したい場合、こちらにアクセスして、「ケース ID または修理 ID」、「郵便番号またはシリアル番号」を入力すれば確認することができます。


Part3、iPhoneを修理に出す前の準備



1、iCloudやiTunesでiPhoneのデータをバックアップします。
2、お持ちデバイスのApple IDとパスワードを用意します。
3、SIMカードをiPhoneを取り離して保管します。
4、 インボイスを用意します。


Part4、その他



1、Appleの修理サービス以外、その他(非正規)の修理サービスもありますが、ここでお勧めしません。修理の料金が安くが、修理の時使われる部品は純正品ではない場合が少なくなくて、又は保証期間内であっても以後アップルの製品保証を受けられなくなります。

非正規修理サービス

2、ちらみに、もしiPhoneのシステムは不具合が出た時、Apple Storeに持って行かなくても、「iOSシステム修復」というシステム修復ソフトを使えば、手軽にiPhone/iPadなどのデバイスを正常利用できる状態に戻すことが可能です。修復できる異常状態はヘッドフォンモード、DFUモードなどたくさんあります。もしお持ちのiPhoneは異常状態になったら、「iOSシステム修復」がおすすめです。

iOSシステム修復
関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018