x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone タッチパネル 反応しない

iPhoneスクリーンのタッチパネルが反応しない時の対処法

編集者 橋本 学
2018.6.14 木曜日

あなたにiPhoneのスクリーンをタップしても反応がないことにあったことがありますか?iPhoneのタッチパネルが反応しないても、壊れたとは限りません。本記事で紹介するいくつの方法はiPhoneタッチパネルの不具合を直せるかもしれません。必要があれば是非試してみてください。 ?


一、強制再起動でiPhoneのタッチパネルの不具合を解決する
二、「iOSシステム修復」で反応しないタッチパネルを自動的に修復する

一、強制再起動でiPhoneのタッチパネルの不具合を解決する


iPhoneを強制再起動することで多くのシステム不具合を解決できます。もしタッチパネルが全然反応がない、スライドで電源を切るのは無理だったら強制的にiPhoneを強制再起動してみましょう。これからのiPhone強制再起動手順をご覧下さい。

ステップ1、強制再起動の最初の手順は機種によって少し違います。

iPhone X / 8:「音量アップ」と「音量ダウン」ボタンを各一回押して、そして電源を切るまでスリップボタンを長押しします。

iPhone 7:「音量ダウン」とスリップボタンを一緒に長押しします。

iPhone7前の機種:スリップボタンとホームボタンを一緒に長押しします。

ステップ2、電源が切られてもボタンを押し続けてください。Appleのロゴが出て、iPhoneが再起動したらボタンを離します。

iPhone 再起動

二、「iOSシステム修復」で反応しないタッチパネルを自動的に修復する


強制再起動でも治らない場合、iOSシステム修復ソフトiOSシステム修復を試してください。このソフトは簡潔なデザインによって、初心者でも自力でiPhoneのシステム異常を修復可能です。

ステップ1、「iOSシステム修復」をパソコンにダウンロードして・インストールします。Windows或いはMac OSバーションもありますので、お使いのパソコンタイプによって下のダウンロードボタンを選択します。



ステップ2、Lightingケーブルを経由してiPhoneとパソコンを接続したら、ソフトを開けます。ソフトのホーム画面で三つの機能が揃えています。その中に「iOSシステム修復」をクリックしてください。

システム 修復 選択

ステップ3、ソフトで「スタート」ボタンを押してiPhoneを修復します。注意すべきのは脱獄したiPhoneは修復完了後また入獄状態に戻って、もう一度脱獄しなければならないことです。

iOS システム 修復

ステップ4、次にはiPhoneの情報を確認して、間違いがあれば手動的に正しいのを入力してください。そして「復元」ボタンを押して、システム修復用のファームウェアパッケージがダウンロードされます。

チェック デバイス 情報

ステップ5、反応が悪いタッチパネルを修復するためのファームウェアパッケージをダウンロード完了後、iPhoneのタッチパネルが修復されます。修復プログラム完成したらこのような完成画面が表示され、iPhoneが再起動して、そして普通に使えます。

修理 完成

上記した通り、「iOSシステム修復」は極めて簡単な手順で数多くのシステム異常を解決可能です。もし「iOSシステム修復」を使ってもタッチパネルの不具合をなおせないならば、それはハードウェア面の不具合かもしれません。その場合にはAppleストアでiPhoneのタッチパネルを修理するほうがお勧めです。


関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018