x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 動画 復元

iPhoneの削除した動画を復元する方法

編集者 天川 北雄
2018.2.12 月曜日

iPhoneユーザーにとって、バックアップは極めて重要なことです。バックアップさえあれば、たとえ誤ってiPhone中にある動画を削除したとしても、心配する必要がありません。iPhone本体から削除された動画をiTunesやiCloudバックアップから復元することが可能です。


しかしApple公式の方法でバックアップを復元するには一つ欠点があります。それは公式の方法ではバックアップの全体復元しかできません。バックアップを復元すれば、中のデータは全部iPhoneに移し、現在iPhoneにあるデータは上書きされます。ここで皆さんに「iPhoneデータ復元」をお勧めします。このソフトを使えば、バックアップからiPhoneに削除された動画だけを取り出して、パソコンに保存できます。こうすれば動画復元に掛かる時間を節約でき、iPhone中のデータも影響されません。


無料体験はこちら
ダウンロードダウンロード

モード1.iTunesバックアップから動画を復元
モード2.iCloudバックアップから動画を復元

モード1.iTunesバックアップから動画を復元



ステップ1、まず「FonePaw」ソフトをパソコンにダウンロードします。そしてホーム画面から「iPhoneデータ復元」を選択し、中で「iTunesバックアップファイルから復元」をクリックすれば、このパソコン中にあるiTunesバックアップはリストで表示されます。復元したい動画があるバックアップを選んで、「スキャン開始」を開始してください。

iTunesバックアップリスト

ステップ2、バックアップのスキャンが完成したら、中のデータをパソコンでプレビューできます。iPhone動画を復元したい場合、カメラロールをクリックして、動画を確認してください。最後は取り戻したい動画チェックして、「復元」ボタンで動画をパソコンに保存します。

iTunesバックアップから動画を復旧

モード2.iCloudバックアップから動画を復元



ステップ1、「iPhoneデータ復元」画面で復元モードを「iCloudバックアップファイルから復元」に選択します。バックアップの情報を取得するため、iCloudにサインインする必要があります。表示されたバックアップから、バックアップ日時や端末名によって復元したいバックアップをダウンロードダウンロードします。

iCloudバックアップをダウンロード

ステップ2、iCloudバックアップのダウンロードが完成したら、プログラムは自動に解析を始めます。解析後、バックアップ中にある動画からiPhoneに削除されたデータにチェックを入れて、「復元」ボタンで動画をPCに取り出せます。動画の保存先も自由に設定できます。

削除された動画を復元

もし復元した動画をiPhoneに戻したいでしたら、iTunesで動画を同期できます。もしくは同社の「iPhone転送」を使って、パソコンから動画をiPhoneに入れることもできます。「iPhoneデータ復元」はWindows・Macパソコンにも使用できます。無料体験で事前にバックアップ中にあるデータを確認することもできますので、必要があればまず無料版を試してみましょう。



ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone 動画 復元

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018