x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone XS Max XR

iPhone XS/XS Max/XR公開!3大キャリアも発売決定

編集者 橋本 学
2018.9.13 木曜日

オールスクリーンのデザイン、Super Retinaディスプレイ、TrueDepthカメラ、Face ID、デュアルカメラシステム、A12 Bionicチップを持つiPhone XSとXS MaxはiPhone XRとともに、米時間9月12日のイベントで発表されました。今度の新iPhoneの発表とともに、iPhone 6/6s/SEの販売終了も決定され、これにより3.5mmヘッドホンジャックがiPhoneシリーズから徹底的に絶滅しました。新たなiPhoneには前世代の付属品、Lightning - 3.5 mmヘッドホンジャックアダプタも同梱されなくなる様です。今後まだ3.5mmヘッドホンを使いたいならば別売りされるアダプタを入手しなければなりません。


iPhone XS/XS Max/XRの最新情報まとめ



今回の三つの新機種も最もパワフルなスマホチップと言われているA12 Bionicを搭載。69億個のトランジスタがあるこのA12チップは、業界初の7nm製造プロセスを採用する量産化スマホチップで、前世代のA11より50%もスピードアップと言われました。そしてより効率的なデザインによって、バッテリーの持ち時間も更に長くになります。

iPhone A12 Bionic

普通のユーザーでもより綺麗な写真を撮れるように、iPhone XSに新型のデュアル1200万画素カメラが搭載されました。ワイドアングルと望遠が二つのレンズで分別担当して、その中にあるセンサーピッチは1.4マイクロメートとなり、前代より大きくなりました。光学手ブレ補正は両方のカメラでも利用できます。他にはSmart HDR機能や、被写体深度変更機能等の新たな機能もイベントで展示させました。

iPhone プロセッサー

他にもの注目すべき新機能があります。
1.「DSDS」という新機能を利用して、新iPhoneは同時に二つの電話番号が使用可能です。
2.iPhone XSとiPhone XS MaxがIP68レベル(最大水深2メートルで最大30分間)の耐水対策が備えて、最高級の水没保護だと言えます。
3.バッテリー駆動時間について、iPhone XSはiPhone Xより三十分間伸びた、iPhone XS Maxの場合ではiPhone Xより一時間三十分間も長くなりました。
4.高速充電に対応:30分間で最大50%充電が可能。

iPhone バッテリー ライフ

予約情報について、国内の三大キャリア、au・ドコモ・ソフトバンクも新iPhoneの販売を表明した。iPhone XS/XS Maxは9月14日から予約受付を開始、9月21日から発売します。iPhone XRの予約は10月19日から開始で、発売は10月26日から。


iPhone XSとXS Maxのストレージは64GB・256GB・512GBの三種で、税抜き価格はApple公式サイトによると、iPhone XSが112800円、129800円、152800円で、iPhone XS Maxが124800円、141800円、164800円になります。iPhone XRのストレージは64GB・128GB・256GBで、税抜き価格は84800円、90800、101800円になります。

iPhone XS Max スペック

上図はiPhone XSとiPhone XS Maxのスペック情報です。ご興味がある方は参考にしてください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018