x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 8量産開始

iPhone 8量産開始:5.66インチのスクリーン+内蔵式Touch ID

編集者 星野 毅
2017.6.6 火曜日

最近iPhone 8に関する情報がどんどん流出した。流出されたのは特に目立つような新情報はないが、デザインや細部の変更等は大体以前の情報と同じ、これで以前情報の信憑性もどんどん高くになる。前日、iPhoneの製造会社―フォックスコン(Foxconn)は既にiPhone 8の量産を開始しているとの情報が流出された。それから海外の消息筋―Benjamin Geskinは新しいiPhone 8の設計図も流出した。


Benjamin Geskinに公開されたiPhone 8の設計図から見ると、iPhone 8は5.8インチスクリーンを謳っているが、実際のスクリーンサイズは5.66インチです。本体のサイズは135.08×62.46mm、スクリーン対角線の長さが143.77㎜。それからホームボタンを廃止とスクリーンに内蔵するTouch IDを採用については、大体以前の情報と同じ。

iPhone 8新設計図

今年のiPhoneは三つの製品があると思われ、4.7インチのiPhone 7s、5.5インチLCDスクリーンのiPhone 7s Plus及び5.8インチOLED採用のiPhone 8を含む。最近、iPhoneの製造会社―フォックスコン(Foxconn)は既にそのiPhone 8の量産を開始、会長郭台銘も深センの製造工場に視察に行ったとの消息がある。

iPhone 8量産開始

その他、少し前の情報より、Appleアフターサービスのスタッフは9月17日から11月4日までで休暇を取ることが禁止され、このことから見ればiPhone 8のアフターサービスのストレスが想像より厳しいです。これにより、iPhone 8はアップルの慣例通り、9月で公開・発売する可能性もさらに高くになった。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018