x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 8 変化

著名なアナリスト郭明池:iPhone 8は二つ大きな変化があると確認した

編集者 星野 毅
2017.2.1 水曜日

1月22日、KGI証券の著名なApple関連アナリスト郭明池(Kuo Ming-Chi)は新しい報告を発表した。報告は2017年に発売予定の新iPhoneについてさらに予測した:新製品は生体認証技術と新しい3DフレキシブルOLEDディスプレイを搭載しますとのことです。


この報告によると、アップル社はよりよい3D Touchのユーザー体験を提供するため、現在利用しているFPCB センサーをより高質量のレスポンスに変えるかもしれない。更に、郭明池は新しいiPhoneがフレキシブルOLEDディスプレイを採用することも予測した。3D Touchの圧力でOLEDディスプレイが変形するを防ぐため、センサーの下は金属材料を利用して支えを提供する。

新しいiPhone予想

その他、郭明池はアップルが新しい認証技術を開発していると推測した。この技術はフリーフォームディスプレイのデザインを良く対応でき、安全性を向上することもできます。この技術はまだ開発の初期だが、アップルは現在のコンデンサータイプを光学のシステムに変える可能性が高いです。


最後、郭明池は安全性を向上するため、指紋認証システムが顔認証システムに代替されるも考える。しかし、顔認証技術が完善される前、アップルは指紋認証と顔認証をと共にり利用する方案を採用するとのことです。

新しいiPhone予想

とにかく、次世代のiPhoneは期待に値する機種と郭明池は思ってます。次世代のiPhoneは三つの機種があり、普通の4.7インチと5.5インチ以外前述の設計を採用するハイエンド機種があるの可能性もあるかも知れない。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018