x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone アプリ データ 復元

iPhoneのアプリデータを復元できる手順

編集者 星野 毅
2017.3.24 金曜日

皆さんはiPhoneを利用している際に、アプリを誤って削除したことがありますか?この場合、アプリ本体はApple Storeから再ダウンロードすればいいが、アプリを削除する際、アプリデータも消されるので、アプリ内の画像や文書などのデータはなくなります。大切なデータが失ったら、実に惜しいと思います。しかし、実は復元ソフト「iPhoneデータ復元」でなくなったデータを復元出来るかもしれません。


iPhoneデータ復元」はiPhone・iPad・iPod touchなどのiOSデバイスのデータ復元専用ソフトです。このソフトを使えば、手軽に紛失したiPhoneの写真、動画、連絡先などのデータを復元することが可能です。更に「iPhoneデータ復元」は三つの復元モードがあり、実際状況によって選んで使えます。ここからはアプリのデータがなくなった場合に対して、それぞれの復元モードでのデータ復元方法を紹介します。



一、iPhoneから直接に復元


この方法はiTunesやiCloudのバックアップがなしでも紛失したアプリのテキストデータを復元できる方法です。


ステップ1、「iPhoneデータ復元」を起動して、「iOSデバイスから復元」モードを選択します。そしてiPhoneをパソコンと接続した後、「スキャン開始」をクリックします。

iPhoneを接続

ステップ2、スキャンが完成したら、まず復活したいアプリデータ種類を選んで、そして右にそのデータにチェックを入れて、「復元」をクリックします。それから出力先を選定、再度「復元」をクリックすれば、データは指定される位置に復元できます。

App写真確認

二、iTunesのバックアップから復元


iTunesのバックアップがあれば、「iPhoneデータ復元」はそのバックアップファイルから紛失したアプリのデータを復元することができます。


ステップ1、「iPhoneデータ復元」を起動した後、「iTunesのバックアップファイルから復元」モードうぃ選択します。それからソフトはパソコンに保存したiTunesのバックアップファイルを表示し、需要によってバックアップを選択した後、「スキャン開始」を実行します。

iTunesのバックアップ

ステップ2、完成したら、データの復元画面に入ります。App写真・Appビデオなどデータの種類を選んで、それから具体的なファイルにチェックを入れて、「復元」ボタンををクリックします。出力先を指定して、復元したいアプリデータを指定された位置に復活できます。

Appビデオ確認

三、iCloudのバックアップから復元


iPhoneのデータをiCloudでバックアップしたら、「iPhoneデータ復元」はなくなったアプリのデータをiCloudのバックアップから復元できます。


ステップ1、ソフトを起動して、三番目の「iCloudバックアップファイルから復元」復元モードを選択して、Apple ID及びパスワードを入力します。それから復元したいバックアップファイルを選んで、「ダウンロード」を押します。

iCloudバックアップ

ステップ2、ソフトはダウンロードしたiCloudバックアップファイルを分析して、中のデータを表示します。まずアプリのデータ種類をクリックして、そして詳しいファイルを選んでください。最後「復元」を押せば、選ばれたなくなったアプリのデータはパソコンの出力フォルダへ復元されます。

データ復元

以上は方法で、なくなったアプリデータを手軽に復元できます。「iPhoneデータ復元」はiPhoneの紛失したデータを復活するの他に、iTunesとiCloudのバックアップ内容を確認することができます。「iPhoneデータ復元」はとても実用なソフトで、需要があれば、ぜひ試みてください。



関連記事
iPhone アプリ データ 復元

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018