x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iTunes 代替 ソフト

iTunesが使いにくい?代替のソフトを使いましょう!

編集者 星野 毅
2017.6.12 月曜日

iTunesはAppleのユーザーなら絶対知ってるソフトでしょう、なにせ公式の管理ソフトですので。iTunesは強大な機能を搭載してます、ユーザーはiTunesで音楽、写真などのデータを管理・移行したり、アプリ、映画などを購入したり、異常状態になったiOSデバイスを復元などのことができます。しかしながら、iTunesの操作は実にちょっと複雑だと思います。特にパソコンと同期する時、iTunesに詳しく知らない初心者が誤ってiPhone中のデータを削除したなどがよく聞こえます。その他、iTunesの動作が重く、データを転送している際に突然に動かないなどの場合もあります。筆者から見れば、iTunesは音楽、映画とアプリなどの購入するやデバイスのバックアップには適任だが、日常のデータ管理や転送には不足なところがあります。


iTunesの代替ソフトを探してる方のために、ここで「iPhone転送」というソフトを皆さんに紹介します。「iPhone転送」はFonePawより開発されたiOSデバイスのデータ管理専用ソフトです。「iPhone転送」はiTunesより便利でiOSデバイスとパソコン/Macの間で写真・音楽・動画などのデータを管理・転送でき、操作が簡単の上、対応データの範囲もiTunesより広い。

iPhone転送機能

一、「iPhone転送」を起動、iOSデバイスをパソコンと接続しましょう。



上のダウンロードボタンで、お持ちパソコンのパーションによって「iPhone転送」をダウンロードします。それからソフトをインストールして起動します。USBケーブルでお持ちのiOSデバイスをパソコンと接続すれば、「iPhone転送」はデバイスの情報を表示します。

iPhone接続

二、対応のデータ種類



「iPhone転送」対応データの種類をソフトの左側のメニューに表示します。データ種類のタグをクリックすれば具体的なデータを見えます。それからソフトは上に、「追加」、「エクスポート」、「削除」「更新」などを含むメニューがあり、データ管理の重要によって選択してください。

対応データ

三、データをiOSデバイスに追加する



この場合、追加したいファイルによって種類を選択、それから「追加」ボタンをクリックします。「ファイル追加」と「フォルダ追加」の選択項目があり、皆さんは需要によって選択してください。その後パソコンから転送したいファイル選んで「OK」を押すれば、ファイルはすぐiOSデバイスに追加されます。

データ追加

四、iOSデバイスのデータをパソコンに移行する



データの種類を選んだ後、移行したいファイルにチェックを入れてください。そして「エクスポート」ボタンをクリック、需要によって「PCにエクスポート」あるいは「iTunesにエクスポート」を選択して、データをパソコンに移行します。

エクスポート

五、iOSデバイスのデータを削除する



この場合、削除したいファイルにチェックを入れて、メニュー欄にある「削除」ボタンをを押して、「確認」をクリックすれば選択されたファイルを削除することができます。

データ削除

「iPhone転送」は以上紹介した機能の他、DVDのビデオをiPadで再生CDをiPhoneに取り込むなども可能です。もしiTunesに不便を感じた方なら、是非「iPhone転送」を使ってみてください!


関連記事
iTunes 代替 ソフト

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018