x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  空飛ぶ車2017年末発売

「空飛ぶ車」Kitty Hawk Flyerは2017年末発売!

編集者 馬井殿人
2017.5.11 木曜日

現在の科学技術の発展から見ると、空飛ぶ車は未来のトレンドになっているようです。人間は二次元の陸地交通を三次元空間まで拡大するのが時間の問題です。今の段階では、空飛ぶ車を研究開発していると公言した多くの会社は、空飛ぶ車の量産発売どころか、著しい成績を出したこともありませんでしたが、この気まずい現状がすぐある会社に打破されそうです。

Kitty Hawk Flyer

4月25日、シリコンバレーの企業キティホーク (Kitty Hawk)は、現在研究開発中の空飛ぶ車が年末まで発売することを公開しました。この会社がこれほど自信満々の原因は、やはり実力を持っているからです。キティホークはグーグルの共同創業者、アルファベット(Alphabet)会社のCEOラリー・ペイジ(Rarry Page)氏に投資されている会社で、またグーグル自動運転車の開発者でもあるセバスチアン・スラン(Sebastian Thrun)氏にリードされています。セバスチアン・スランはこの前にツイッター上でキティホーク会社を初めて紹介し、もうすぐリリースされる電動式飛行機のキティー・ホーク・フライヤー(Kitty Hawk Flyer)の原型も同時に発表しました。


関連ビデオによると、今回発表されたキティホークは4軸電動式飛行機で、翼には8つのプロペラを搭載します。キティホークはの重量が約100kgで、最高水平移動速度は40km/hで、免許がなくても運転できます。現在、キティホーク会社は米連邦航空局(Federal Aviation Administration)に飛行許可を申請しています、もし飛行許可を取得できたら、クライアントは自分で連邦航空局の許可を取得しなくても、人家がまばらであるエリアで飛行することができます。

Kitty Hawk Flyer

キティホークは当該飛行機を年末までに発売することを発表したが、予約販売がまだ始まっていなく、関連パラメーター、売価等の情報も現在まだ明かされていません。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018