x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  無人化物流

人手不足を解決するため、完全無人化の物流を2030年までに実現する

編集者 星野 毅
2017.3.9 木曜日

メディアの報道より、人工知能(AI)の産業を実現するために、政府は3段階の計画を定めた。この3段階計画ではAIを利用して製造業と物流などの業種の人手問題を大幅に改善する。特にネットショッピングブームで人手不足の問題に困られる物流は2030年までに自動運転トラックと小型の無人航空機を活用する予定で、完全無人化の物流を実現する。

無人化物流

第一段階は、2020年ごろ無人工場、無人農場の技術を確立して、AIで薬物を開発することと生産設備の故障をAIが予知することなどを普及する予定です。


第二段階は2020年から2030年まで、人やモノの輸送・配送を完全に無人化を実現する以外、鉄道とトラックなどの交通機関の無人化を進ませ、小型無人機と物流施設を繋がり、最適なタイミングでの配送システムを築き、AIで家や家電をコントロールするなどです。


第三段階は2030年以降、介護ロボットが家族の一員になり、移動の自動化、無人化を普及するにより「人為的死亡事故ゼロ」になり、AIを通して潜在意識を分析、潜在的なニーズを可視化する。


政府はAIを実現するテストを行う、AIの実用化制限の緩和も検討している。民間企業、例えばヤマト運輸とIT企業DeNAは自動運転技術を活用することでの宅急便サービスプロジェクトを確立した。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018