x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Mac データ 消去

Macのデータを完全消去するやり方

編集者 星野 毅
2016.5.5 金曜日

Macのデータを消去したい時、普通はデータをゴミ箱に移した後ゴミ箱を空にすればいいが、しかしプライバシーや仕事に関する機密性高いデータもそう簡単に処理されるのは危険です。それからもしMacを売却もしくは廃棄など処分したい時も、こんな簡単な方法でデータを削除するのはお勧めできません。実は削除したデータはまだディスクに残されて、データ復元のアプリケーションでMacデータを復元することが可能です。万が一機密性高いデータを他の人に復元されたら大変なことになります。こんな時「MacMaster」の「シュレッダー」機能を使って、データをディスクに残せずに完全消去することをおすすめします。


「MacMaster」はFonePawより開発されたMac専用のクリーンアップアプリケーションです。このアプリを使えば、ワンクリックでMacのジャンクファイルを削除、動作が重い時Macを軽くするなどのことも手軽にできます。実用の機能をたくさん搭載するから、既に世界中に多くのユーザーから好評を受けます。「MacMaster」についてもっと詳しく知りたいなら、「MacMaster」の公式サイトにアクセスしてください。


Macのデータを完全消去する



ステップ1、まずMacMasterをMacにダウンロードします。無料試用も可能ですので、ご興味があればぜひ試してみてください。その後「MacMaster」を起動、「シュレッダー」を選択します。

シュレッダー

ステップ2、それから「ファイル追加」をクリックすれば、ファイル追加のウィンドウが現れます。完全消去したいファイルを選択して、完成した後「開く」をクリックすれば選択したファイルはシュレッダーに追加されます。「シュレッド」をクリックすると、アプリはデータの完全削除を行い、不要なデータをディスクから完全消去できます。

データ選択

これで、「MacMaster」の「シュレッダー」で不要のデータを徹底的に消去でき、Macを処分しても他人に復元アプリを使って機密ファイルを復元することを心配する必要がありません。もしこの記事や製品について質問があれば、ぜひご意見をコメント欄に残してください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018