x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Mac 高速化

Macパソコンの動作が重い時高速化できる方法

編集者 星野 毅
2017.3.27 月曜日

Macパソコンはその素晴らしいシステムで、数多くのユーザーに愛用されています。しかし使う時間が増えるとともに、Mac中のジャックもどんどん増えて、整理しないとMacは動作のスピードが遅いなどの問題が起こる。重いMacを軽くにしたいなら、ジャンクをクリーンしないといけません。でもジャンクの種類はたくさんあり、例えばシステム、写真、iTunesジャンクなどがありますので、ジャンクを整理のは簡単なことではありません、不注意でシステム重要なファイルを削除すればMacを起動できなくなる可能性もあります。


だから、Macのジャンクを安全に掃除しようとする場合、Mac専用のクリーンアップアプリケーションを利用することがおすすめです。ここで「MacMaster」というアプリを推薦します。このアプリを使えば、Macの動作が遅くなるようなファイルを手軽に整理・クリーンすることで、システムを軽くにし、重くになったMacを再度高速化できます。では、ここでMacMasterでのMacパソコンの動作が重い時スピードアップできる方法を皆さんに紹介します。

ソフトのダウンロードはこちら:https://www.fonepaw.jp/macmaster/


Macをスピードアップする


ステップ1、「MacMaster」をMacにダウンロード・インストールした後、ソフトを起動して、「ジャンクファイル」を選択してから、「スキャン」ボタンをクリックします。

Mac ジャンク ファイル

ステップ2、これで、「MacMaster」はMac中のシステム、写真、メールの添付ファイルなどに含まれる個人データを失うことなく削除できるジャンクをスキャンします。スキャンが終了したら検出されたジャンクファイルを確認できます。

ジャンクファイル スキャン

ステップ3、ジャンクの具体的なファイルサイズも表示します。「クリーン」をクリックすれば、ソフトは検出したジャンクを安全にクリーンアップします。

Mac スキャン 結果

これでMacパソコン中のジャンクは削除され、システムは軽くなり、処理能力も向上できます。「MacMaster」はMacパソコン中のジャンクを整理する機能だけでなく、「アンインストーラー」、「重複ファイル」、「プライバシー保護」などの機能も搭載するので、「MacMaster」はとても実用なソフトです。もし皆さんもMacが重くに感じたら、MacMasterを購入して使ってみて、Mac中のジャンクファイルを徹底的に掃除して、Macを高速化にしましょう。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018