x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  新iMac

新たなiMacは購入すべき?iMac Proと比べてみた

編集者 星野 毅
2017.6.20 火曜日

アップルはWWDC 2017にiMacシリーズの製品を更新して、それから新たなiMac Proも発表した。では、iMacとiMac Proはどっちがいいですか?IDRjp編集部はこの問題について、いくつかのアドバイスを皆さんに説明します。

iMac

まず、新しいiMacの変化を見ましょう:
1、外観の変化がなく、中身のデザインもiMac Proのように再デザインはしない。今回iMacの更新はただの恒例アップデートで、モデルチェンジではない。
2、CPUは第七代のKaby Lakeにアップグレードして、それからDDR4メモリもようやく採用した。2015版のiMacはまた1600MHzのDDR3メモリを採用してる。
3、新しいiMacは依然として21.5インチの Retina 4Kスクリーンと27インチの Retina 5Kスクリーンを採用、明るさは2015年版より43%向上。
4、GPUの性能も大きくアップグレードした。27インチ版のGPUは2015版より1.5倍向上する。
5、ソリッドステートドライブ(SSD)はより大きいの2TBバージョンがあり、スピードも2015版より50%早い。
6、Thunderbolt 3接続端子を採用することで、新しいiMacのネットスピードも向上する。
7、あたらしいキーボードも利用でき、ユーザーは数字キーボード付きのMagic Keyboardを選択できる。


2017版iMacはハードウェアがアップグレードされたが、 iMac Proの影響で、新しいiMacよりあっちを購入したい人も多いだろう。


次は iMac ProとiMacを比べるの改善:
1、iMac Proは放熱仕組みを再デザインした。iMac Proは革新的なダブル放熱送風機、幅広い放熱板と新たな風通しを採用する。その結果、空気の流通量は75%を増え、システムの放熱機能が80%アップ。これで iMac Pro は500w電源に対するも低い温度を保てる。もし次世代のiMacも類似のデザインを採用すれば、ユーザーに長年に困ているホコリによるの高音問題も解決されるかもしれない。

iMac Pro

2、改善されたステレオスピーカーの音質もう向上された。ユーザーはよりリアルな音質を体験できる。次世代のiMacもこのデザインを採用しない理由はないでしょう。


しかしながらiMac Proのデザインは素晴らしいが、そのCPUがマルチュアで、メモリがECCで、GPUも強くから、一般のユーザーよりプロのユーザー向けな機種です。 一般な個人ユーザーは正直次世代のiMacを待つほうがいいかもしれない。


次世代のiMacは今回iMac Proのいくつ新機能を採用する可能性は高い、それに現在のiMacのデザイン2012年から変わってないので、アップルは次の新製品に新しいデザインをもたらすと思われます。もし2017 版の iMac 及び新たなiMac Proに対し意見や感想などがあれば、ぜひコメントを残してください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018