x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  「Nintendo Switch」3.0.0配信開始

「Nintendo Switch」3.0.0配信開始、コントローラーをさがす機能を追加

編集者 天川 北雄
2017.6.22 木曜日

6月20日、任天堂は「Nintendo Switch」(以下NS)の最新バージョン、3.0.0の配信を開始した。3.0.0は特に大きな変化はないが、ひとつの新機能--「コントローラーをさがす」を追加した。

アップデート

もしiPhoneユーザーなら、「iPhoneを探す」という機能が聞いたことあるはず。「iPhoneを探す」は便利な機能で、iPhoneが万が一紛失・盗難に遭ったら、この機能でiPhoneの位置が分かる、iPhoneを遠距離でロック、データを消すこともできます。それから紛失や盗難ではなく、ただiPhoneが見つからない、どこに置いたことが忘れた時、この機能でiPhoneを振動させ、音を出させることもできます。


6月20に配信開始したNS最新バージョン3.0.0も、似たような機能を追加した。でもこれはNS本体ではなく、コントローラーを探す機能です。コントローラーだから、iPhoneのように遠距離ロックやデータ消すをする必要がないが、コントローラーが見つからない時リモートで振動させることができる、NSユーザーにとっては実用的な機能だね。NSをアップデートした後、HOMEメニューで[コントローラー]→[コントローラーをさがす]を選択すれば、本体に登録されたことあるのコントローラーを振動させることができる。

Joycon

3.0.0の詳しい更新内容はこちら(任天堂公式サイトから):
ニンテンドー3DSやWii Uのフレンドにもフレンド申請を送れるようにしました。
フレンドがオンラインになったときに画面上に通知が表示されるようにしました。
コントローラーが見つからないときに、コントローラーを振動させて探せるようにしました。
ゲームニュースに「チャンネル」を追加しました。
「保護者による使用制限」の名称を「みまもり設定」に変更しました。
HOMEメニューの「設定」に機能を追加しました。
携帯モードやテーブルモードのときに、「クイック設定(HOMEボタン長押し)」で音量を調節できるようにしました。
ヘッドホン使用時の最大音量が上がり、より大きな音で遊べるようにしました。
他社製のコントローラー(任天堂ライセンス商品)に対応しました。
ソフトをダウンロードするときに空き容量が不足していると、その場でソフトの整理をできるようにしました。
いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018