x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 予測 削除

iPhone予測変換を削除する方法

編集者 馬井 殿人
2017.10.12 木曜日

iPhoneで文字を入力する時、過去の会話の内容や書き方を学習し、次に入力される単語や語句を予測して表示することができます。これは予測変換という機能があるからです。それ以外にも、ユーザーが入力し、変換した単語を記憶し、次回に同じような文字が入力されれば、その変換履歴から頻度の高い順から単語を変換候補としてあげ、ユーザーに手っ取り早く入力できるようにすることができます。


たしかに、一度変換した単語は2回目以降には漢字を探し、単語を組み合わせることなくすぐに語句を入力できるのは非常に便利な機能でしょう。しかし、自分の入力痕跡も知らないうちiPhoneに残っていまい、他の人に入力履歴や、普段使われやすい単語などプライバシーなことが知られる恐れがあります。そして予測の候補ばかり勝手に表示して、本当に入力したい単語が中々見つからない場合場合もあります。


では、この予測変換機能をリセットして、痕跡を削除することや、そもそも予測変換機能をオフにすることができるのでしょうか?もちろんできます。これからはその方法を紹介します。


予測変換機能の履歴を削除方法


ステップ1.iPhoneの設定アプリから一般に入り、底までスワイプし、リセットを選びます。

iPhone設定

ステップ2.「キーボードの変換学習をリセット」をタップしてください。もしiPhoneにパスコードが設定した場合、それが要求されます。

リセット

ステップ3. 「キーボード上で入力した全てのカスタムワードを削除し、キーボード辞書を工場出荷時のデフォルト状態に戻します」というメッセージが表示されます。確認後、辞書をリセットを選びます。これで今まで記録した予測変換学習のデータは削除されます。

リセット

しかし、これはあくまでこれまでの予測変換機能が学習したデータを削除しただけで、入力の痕跡は消したものの予測変換機能はオフにしていません。これからも予測変換機能が学習し、入力痕跡がまた溜まっていきます。次に、予測変換機能をオフにして、つまり今後も学習しない方法を紹介します。


予測変換機能をオフにする方法



設定から一般に入り、そしてキーボードを選びます。中にある「予測」の項目の右にあるトグルをオフにします。

予測オフ

これで予測変換機能自体がオフにされ、今後の入力はデフォルト入力候補しか出なくなります。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018