x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  OPPO 日本進出

OPPO日本進出、R11s 2月9日から発売

編集者 馬井 殿人
2018.2.7 水曜日

1月31日、中国スマホブランドのOPPOは東京で発表会を開催し、日本市場進出と[ウルトラフルスクリーンスマホ]OPPO R11sを発売することを正式に発表しました。SIMフリーのスマホとして、OPPO R11sは日本の各キャリアをサポートでき、2月9日よりビックカメラとヨドバシカメラで発売されます。

OPPO

OPPO Japan株式会社代表取締役(CEO)の鄧宇辰氏は発表会で「OPPOにとって、日本市場に参入するのは世界市場に進出する肝心な一歩です。OPPOはずっと消費者ニーズをつかみ、海外市場を開拓する経験もたくさん積み重ねてきた。これからは日本企業の経験を学び、高品質方針とローカル化な運営を努力する」と述べました。

OPPO

日本のスマホ市場では世界中多くの知名度高いなブランドがあり、競争が非常に激しいです。この市場においては、価格だけが要因ではなく、消費者にとっては製品の品質とブランドも重要です。米国と同じように、日本のスマホ市場も各キャリアに主導され、新しい海外ブランドの参入は比較的に難しいです。市場占有率が一番高いのはやはりアップル、その次はソニー、シャープ、華為(ファーウェイ)等のスマホメーカーです。


OPPO今回発表したR11sはキャリアと提携せずに、オフライン小売で販売することを決めました。売価が57980円(税別)で、約3360人民元、中国の価格とほぼ同じです。ドコモ、KDDI、ソフトバンクなどのキャリアをサポートしますので、番号変更せずに、直接元のSIMカードを利用可能です。

OPPO

2017年11月、OPPOは日本で支社(OPPO Japan株式会社)を設立し、ローカルチームを作って市場に入り込みます。OPPO Japan株式会社はローカル化な運営に取り組み、海外市場を開拓する経験を活用してOPPOを全世界で有名なスマホブランドまで成長させます。また、OPPOは日本でも研究開発センターを設立し、スマホカメラの開発に集中します。東京以外、米国のシリコンバレー、中国の北京、上海、深センと東莞にも研究センターがあります。


2009年より、OPPOは世界への進出を開始しました。同年4月、タイ市場に参入することをきっかけにして国際化を推進し始め、現在OPPOのスマホ業務は中国、東南アジア、南アジア、中東、アフリカとオセアニア、トータルで30の国と地区市場に進出しています。OPPOは東南アジア、インドなどの市場では高い成長率を維持しています。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018