x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 壊れた データ

壊れたiPhoneのデータを復旧できる便利なソフト

編集者 星野 毅
2016.7.20 水曜日

iPhoneを利用する時、気がつかなくてiPhoneを壊したのは大変です。iPhone本体はとにかく、保険に入ったら修理もしくは新しいのを交換すればいいです。しかし最悪の場合は、iPhone中の大切なデータが失ったのはまずいです。しかし、あきらめないでください!iPhoneが壊されましたとしても、そのデータを復元できる方法もあります。今回は壊れたiPhoneのデータを復活できるソフトについて解説します。


今回紹介したいソフトはソフト会社FonePawが開発した「iPhoneデータ復元」です。「iPhoneデータ復元」は専門なiPhoneのデータ復元ソフトで、三つの復元モードがあります。皆さんは場合によって、復元モードを選択できます。更に、操作は簡単で、復活の成功率も高いです。無料試し版もあります、ぜひ試してください!


ダウンロードダウンロード

三つの復元モードで、壊されたiPhoneのデータを復旧

一、iPhoneから直接的に復元
二、iTunesのバックアップファイルから取り戻す
三、iCloudのバックアップから抽出

一、iPhoneから直接的に復元



この方法はiPhoneをスキャンして失ったデータを見つけることで、iPhoneから直接的に復活する方法です。もしiPhone本体が完全に壊れたではなく、例えば画面割れなどの場合、このモードでiPhone中のデータを取り出せる可能性があります。


ステップ1.「iPhoneデータ復元」をダウンロードしてインストールして、そして起動します。「iOSデバイスから復元」をクリックする後、iPhoneをパソコンを接続します。その後、「スキャン開始」ボタンをクリックします。

iPhoneを接続

ステップ2.データのスキャンが終了したら、左のメニューにデータの種類を選んで、そして右に復旧したいデータも選択して、そして出力フォルダを指定します。その後、「復元」をクリックしすれば、復旧したいデータがパソコンの指定される位置に復元することができます。

データを復旧

二、iTunesのバックアップファイルから取り戻す



この方法はiTunesのバックアップファイルを利用して、データの復旧を行う方法です。


ステップ1.「iPhoneデータ復元」を起動して、「iTunesバックアップファイルから復元」を選択してクリックします。これで、iTunesバックアップファイルはソフトに表示します。復元したいバックアップファイルを選択して、「スキャン開始」をクリックすればスキャンが始まります。

iTunesのバックアップ

ステップ2.スキャンが終了したら、ソフトの左画面にデータの種類を選択し、右に取り戻したいデータも選択します。そして、「復元」ボタンをクリックするだけで、取り戻したいデータがパソコンの指定される位置に復活できます。

データを復活

三、三、iCloudのバックアップから抽出



この方法はiCloudのバックアップから欲しいデータを抽出する方法です。


ステップ1.「iPhoneデータ復元」を起動し、「iCloudバックアップファイルから復元」を選択して、Apple IDとパスワードでiCloudにサインインします。するとこのアカウント中の全てのバックアップファイルが表示されます。取り戻したいバックアップファイルを選択して、「ダウンロード」をクリックします。

iCloudのバックアップ

ステップ2.ダウンロードが完成したら、バックアップファイルの内容はソフトに表示します。左のメニューに復旧したいファイル種類を選択して、右にその対応のファイルを選択して、「復元」をクリックすれば、失ったデータがパソコンの指定される位置に復元できます。

データを復元

以上は壊れたiPhoneのデータを復元できるソフト、「iPhoneデータ復元」の三つのモードそれぞれの使い方です、実に簡単ですね。「iPhoneデータ復元」はiPhoneのデータが復元できるの他に、iPod touchデータを復元することもできます。iOSデバイスのユーザーにはお役に立てるでしょう。


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone 壊れた データ

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018