x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone データ 消えた

iPhoneのデータが消えた時三つの対処法

編集者 星野 毅
2016.7.14 木曜日

iPhoneとしても、データが突然に消えた場合はたまにあります。iPhoneを長時間に使っている時、iPhoneをアップデートした後や水没した後、写真や動画やメッセージなどのデータが突然に消えた経験は、皆さんはありますか?大切なデータが失ったことは悲しいです。iPhoneのデータが消えた時、どうすればいいでしょうか?この時、「iPhoneデータ復元」は役に立てると思います。


「iPhoneデータ復元」は専門なiPhoneのデータ復元ソフトです。このソフトはiPhone本体、iTunesのバックアップファイルやiCloudのバックアップからデータを復元することができ、復元できる成功率も高いです。データが消えたことに困られている方に、「iPhoneデータ復元」がおすすめです。


ダウンロードダウンロード

iPhoneのデータが消えた時、三つの対処法

一、iPhoneから直接的に復旧
二、iTunesのバックアップファイルから復活
三、iCloudのバックアップから取り戻す

一、iPhoneから直接的に復旧



この方法はiPhoneをスキャンして失ったデータを見つけることで、iPhoneから直接的に復旧する方法です。


ステップ1.「iPhoneデータ復元」をインストールして起動します。「iOSデバイスから復元」をクリックする後、iPhoneをパソコンを接続します。その後、「スキャン開始」ボタンをクリックします。

iPhoneを接続

ステップ2.iPhoneデータのスキャンが終了したら、左のメニューにデータの種類を選んで、中にに復旧したいデータも選択して、そして出力フォルダを指定します。その後、「復元」をクリックしすれば、復旧したいデータが指定される位置に保存することができます。

写真を取り戻す

二、iTunesのバックアップファイルから復活



この方法はiTunesのバックアップファイルを利用して、データの復旧を行う方法です。


ステップ1.「iPhoneデータ復元」を起動して、「iTunesバックアップファイルから復元」を選択してクリックします。これで、iTunesバックアップファイルはソフトに表示します。復元したいバックアップファイルを選択して、「スキャン開始」をクリックすればスキャンが始まります。

iTunesのバックアップ

ステップ2.スキャンが終了したら、ソフトの左画面にデータの種類を選択し、中に取り戻したいデータを選択します。そして、「復元」ボタンをクリックをクリックすれば、取り戻したいデータがパソコンの指定される位置に復活できます。

データを復活

三、iCloudのバックアップから取り戻す



この方法はiCloudのバックアップからデータの復元を行う方法です。


ステップ1.「iPhoneデータ復元」を起動し、「iCloudバックアップファイルから復元」を選択して、Apple IDとパスワードでiCloudにサインインしたら、アカウント中の全てのバックアップファイルが表示されます。取り戻したいバックアップファイルを選択して、「ダウンロード」をクリックします。

iCloudのバックアップ

ステップ2.ダウンロードが完成したら、バックアップファイルの内容はソフトに表示します。左のメニューに復旧したいファイル種類を選択して、中のファイルから復元したいのを選択して、「復元」をクリックすれば、失ったデータがパソコンの指定される位置に復元できます。

データを復元

iPhoneデータ復元」があれば、iPhoneのデータが消えた時データを復元すること簡単にができます。iPhoneだけでなく、iPod touchのデータを復元することもできます。お役に立つように~


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone データ 消えた

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018