x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPad 動画 保存

iPadの動画をPCに保存する方法

編集者 天川 北雄
2016.1.7 木曜日

編集者 天川 北雄 2016.1.7 木曜日

iPadで動画を見るのは便利ですが、動画ファイルのサイズは大きので、iPadの容量をやたら圧迫します。空き容量足りないと、iPadを使う時にいろいろ不便があります、新しいアプリをインストールできず、写真なども撮れません。しかし動画を削除するのも勿体無いですよね。もし動画を他のところに保存してからiPadから削除すれば、iPadの容量を解放できるし、動画のデータも失わずに済むです。だから皆様にiPadの動画をPCに保存することをお勧めします。


こういう場合に、「iPhone転送」は問題を解決するのに適任だと思います。「iPhone転送」はスマートフォン関係ソフトウェアの開発に専念するFonePawが開発したデータ転送用専用ソフトです。動画・写真・音楽・連絡先など、いろんなデータを簡単な操作で転送できます。iPhone・iPad・iPodのほぼ全機種に対応でき、iOSデバイスのユーザーにとっては使いやすい、便利なソフトです。iPadの動画をPCに保存したい時も、「iPhone転送」を使えば簡単にできます。ここから具体的な操作手順を皆様に説明したいと思います。


ダウンロードダウンロード

iPadの動画を簡単な操作でPCに保存



ステップ1、「iPhone転送」のインストールパックをダウンロードしてください。Windows版もMac版も無料でダウンロードできます。ソフトをインストールした後、ダブルクリックでソフトを実行し、iPadをUSBケーブルでPCと接続すれば、ソフトは自動的にiPadを認識し、機種や容量・iOSバーションなどの情報を確認できます。

iPadを接続

ステップ2、画面左側で「メディア」をクリックして、更に「ビデオ」を選択すれば、iPad中の動画とその時間・サイズを確認できます。PCに保存したい動画をチェックして、右クリックで「エクスポート」もしくは直接上の「エクスポート」ボタンを押して、「PCへエクスポート」を選択すれば、チェックされた動画はPCに保存されます。保存先も自由にパソコン中の任意位置を設定できます。

動画を保存

PS:もしiPadのカメラで撮った動画なら、「写真」→「カメラロール」で見つけます。


動画をPCに保存した後、iPad本体に残るデータを削除すれば、iPadの容量を解放できます。もし必要があれば、後で「iPhone転送」で動画をiPadに転送することも簡単にできます。iPadを使っている方なら、「iPhone転送」を利用して、簡単にiPadの動画を管理できますね!もちろん動画以外にもいろんなデータを転送でき、iPhoneやiPodも対応できますので、もしご必要があれば、是非「iPhone転送」をダウンロードして使ってみてください!


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPad 動画 保存

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018