x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone ファイル 保存

iPhoneのファイルをPCに保存する手順

編集者 天川 北雄
2015.9.9 水曜日

iPhoneには多彩な機能を搭載しています、日常生活中のいろんな場面で役に立てるでしょう。しかし、iPhoneの容量は有限のため、時々ファイルを整理する必要があります。でないと、iPhoneの容量はすぐに満たされ、新しいアプリなども入れず、使用上いろいろ不便が出ます。しかし、ファイルを整理するには、削除や編集は避けられない作業です。万が一誤って大事なファイルが削除したら大変ですね。こんな事態の備え、普段はiPhoneのファイルをPCに保存する事を皆様にお勧めします。


写真やiPhoneのカメラで撮った動画なら、ケーブルでパソコンと接続して、直接PCに保存できますが、他のファイルはこういうやり方に通用しません。だから他のファイルの保存には、データ転送ソフト「iPhone転送」が必要となります。「iPhone転送」はFonePawソフトウェアが開発した、iPhoneとPCのデータ転送専用ソフトです。普段iPhone使っている方なら多少は感じるでしょうか?公式のiTunesを使ってiPhoneのファイルをPCに保存するのは複雑な操作が必要、それに制限も多い、正直あまり使いやすいと言えませんね。しかし、「iPhone転送」を使えば、写真・動画・音楽・連絡先・ボイスメモ・メッセージ等いろんなファイルを簡単にPCに保存できます。早速その詳しい操作手順を皆様に説明します。


ダウンロードダウンロード

簡単にiPhoneのファイルをPCに保存できます



ステップ1、iPhoneをパソコンに認識させるためには、iTunesが必要です。まずお使いのPCにiTunesがあるかどうかを確認してください。もしまだないのなら、Appleの公式サイトでiTunesをダウンロードできます。そしてお使いのPCの機種によって対応バージョンの「iPhone転送」をダウンロードして、インストールします。ソフトを実行して、iPhoneをケーブルで接続すれば、自動的に認識されます。

iPhoneを接続

ステップ2、画面左側のメニューで保存したいファイルの種類が見えます。どれか一つをクリックすれば、このiPhone中にあるすべてこのカテゴリのファイルを確認することができます。パソコンに保存したいファイルをチェックして、「エクスポート」→「PCにエクスポート」を選択すれば、それらのファイルはPCに保存されます。保存先も自由に設定できますので便利ですね。

ファイルを保存

iPhone転送」でPCに保存されたファイルをiPhoneに戻すことも可能。操作は簡単で、初心者にもすぐに使いこなせます。「iPhone転送」はデータを保存以外、他にもたくさんな機能を搭載しています。iPhone連絡先のバックアップと復元等、iPhoneユーザーにとって便利な機能を満載。今すぐ下のリンクをクリックし、「iPhone転送」の便利さを体験してみませんか?


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone ファイル 保存

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018