x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 画像 保存

iPhoneの画像をパソコンに保存する方法

編集者 天川 北雄
2015.7.7 火曜日

iPhoneを使えば、綺麗な景色をすぐカメラで撮れるし、ネットサーフィンする時見つけた面白い画像もタップだけで保存できます。しかし、iPhoneの容量は有限、だから画像がストレージを圧迫しないため、iPhone中の画像を他のところで保存するほうがいいと思います。もしパソコンがあるなら、そこに保存するのは一番いい方法ですよね。今時のパソコンHDD容量はiPhoneの十倍もしくは数十倍、画像を保存するためには最適な場所と言っても過言ではありません。だから今日は皆様にiPhoneの画像をパソコンに保存する方法を紹介します。


普段iPhoneを直接パソコンと繋げれば、iPhoneは認識され、中の画像を見れますが、画像は全部数個のフォルダに詰められ、フォルダの名前も分かりつらい。もし大量な画像の中に一部の画像を見つけ出し、これだけを保存したいのなら、結構面倒なことになります。ここで、便利な転送ソフト「iPhone転送」を皆様に紹介したいと思います。「iPhone転送」はFonePawソフトウェアが開発したデータ転送用の専用ソフト。画像・動画・音楽など、いろんな種類のデータをiPhoneからパソコンに転送でき、逆にパソコンからiPhoneに入れることもできます。これからは「iPhone転送」を使ってiPhoneの画像をパソコンに保存する手順を説明します。


ダウンロードダウンロード

iPhone中の画像を「iPhone転送」を借りてパソコンに保存



ステップ1、「iPhone転送」をダウンロードし、パソコにインストールします。USBケーブルを使ってiPhoneとパソコンを接続。しばらく待てば、iPhoneは認識され、機種情報や中のデータを確認できます。

iPhoneを繋ぐ

ステップ2、「写真」をクリックすると、このiPhoneの全アルバムと中にある画像が見れます。それに画像を時間順で並びられので、選択することもiTunesより簡単。最後に「エクスボート」→「PCにエクスポート」の順でクリックすれば、画像は指定された出力フォルダへ転送されます。

写真を保存

以上、「iPhone転送」を使ってiPhoneの画像をパソコンに保存する方法でした。もちろん、「iPhone転送」ができることはこれだけではありません。動画・音楽・ボイスメモ、さらにiPhoneのメッセージを転送することもできます。iPhoneのエクスプローラーとしては完璧なソフトと言えるでしょう。もしiPhoneとパソコンの間でのデータ転送について困っている方がいるのなら、今すぐ「iPhone転送」をダウンロードして使ってみましょう。



ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone 画像 保存

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018