x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Skypeリアルタイム翻訳日本語追加

Skypeリアルタイム翻訳、日本語追加

編集者 馬井殿人
2017.4.18 火曜日

Microsoftは近日Skypeのリアルタイム翻訳機能を拡張し、日本語をリアルタイム翻訳の十番目のサポート言語として追加すると発表した。


2011年、マイクロソフトは85億でSkypeを買収し、それから2014年でスペイン語と英語をリアルタイム翻訳できるSkype Translatorを公開した。その後の2年間、この機能に中国語、イタリア語、ロシア語、アラビア語などの言語を追加した。Skype Translatorは人工知能(AI)、ディープラーニングシステムなどを利用して人工神経ネットワークを訓練し、更に豊富な言語システムを掌握させる。つまり、システムが多くの会話を聞くとともに、多種の言語間のリアルタイム翻訳する機能も完備になった。


Skype Translatorは既にリアルタイム翻訳に対して一連の拡張活動を行った。昨年12月、Skype Translatorは携帯や固定電話で通話する時のリアルタイム翻訳機能もサポートできるになり、つまりSkypeのユーザーがどこに居ても自分の言語で世界中の人々と交流することができる。

Skype Translator

10種類の会話のリアルタイム翻訳以外、Skypeは61種類言語のインスタントメッセージのリアルタイム翻訳にも対応できる。注意すべきことは、Skype Translatorはリアルタイムで翻訳できる10種類の会話を61種類のテキストリアルタイム翻訳に変換することも可能。


また、2016年末、マイクロソフトは新しい翻訳アプリTranslator liveを発表し、マイクロソフト翻訳が提供するリアルタイム翻訳サービスによって、ユーザーがスマートフォンを使用して多種類の言語で会話することができるようになった。このアプリは一対一の会話に適用するだけでなく、3種類以上の多言語会話も同様に適用する。日本語の音声リアルタイム翻訳はstandalone Microsoft Translatorを含め、他の翻訳サービスにも追加する。

Skype Translator

米国外交学院(FSI)は日本語を最も難しい言語の一つに列した、このランキングにはアラビア語、広東語、中国語と韓国語なども含めてる。だから、日本語を追加することはマイクロソフトがユーザーを開拓するための賢明な方法である。数ヶ月前に、Googleは日本語と英語のオフラインテキスト翻訳機能を発表し、スマホでテキストをスキャンすることを対応でき、オフラインで日本語と英語を翻訳することができるようになった。日本は全世界での主要な取引市場の1つとして、音声リアルタイム翻訳の導入が熱烈に歓迎されるはずだ。


マイクロソフトはずっとコミュニケーション障害を取り除くことが仕事の第一位に置く。製品戦略ディレクターのOlivier Fontanaはブログでこう言った、「現在、マイクロソフトは翻訳サービスの能力を向上させることに専念している、言葉の壁を破ることは我々の究極の目標です。」

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018