x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  スイッチ百万突破

ニンテンドースイッチ、販売数百万突破。現行据え置き機最速

編集者 天川 北雄
2017.6.29 木曜日

ファミ通28日の報道により、今年3月で発売された任天堂新型ゲーム機、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の販売台数が100万を突破した。3月3日の発売から17週が経ち、現行据え置き機の中ではもっとも早い。ちなみにNintendo Switchは据え置きゲーム機以外、携帯ゲーム機としても遊べます。ただ同じ任天堂の以前の携帯ゲーム機と比べれば、この速度はDS(4週)と3DS(13週)より遅い。

ニンテンドースイッチ

販売台数が100万を突破した以外、ファミ通はNintendo Switchのゲーム販売ランキングも公開した。ベスト5の具体タイトルと販売本数はこちらです:
1位:「マリオカート8 デラックス」(任天堂)、4月28日発売、50万1614本
2位:「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(任天堂)、3月3日発売、46万480本
3位:「1-2-Switch」(任天堂)、3月3日発売、20万807本
4位:「Arms」(任天堂)、6月16日発売、15万4845本
5位:「スーパーボンバーマンR」(コナミデジタルエンタテインメント)、3月3日発売、9万2112本

マリオカート8 デラックス

ランキングから見ると、5位の「スーパーボンバーマンR」以外、ベスト5中の前4名も任天堂の自社タイトルです、サードパーティーソフトの面ではまだ大作が足りないようです。以前本サイトも任天堂がサードパーティーメーカーにゲーム投入を促すを報道した、恐らく任天堂もこの問題を意識しているだろう。任天堂ゲーム機のサードパーティータイトル問題はスイッチから始めるではないが、この問題を解決できないと、スイッチ今の好調を維持するのは難しいかもしれない。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018