x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone Gmail 連絡先

iPhoneの連絡先をGmailと同期する方法

編集者 天川 北雄
2015.11.22 金曜日

iPhoneでメールをする以外、パソコンでEメールを使ってる方も多いと思います。この中に同時に二つを使っている方も結構あるでしょう。iPhoneの連絡先とGmailの連絡先がバラバラだと、管理や使用中にも、たくさん不便なところがあると思います。しかしもしiPhoneの連絡先をEメールの方と同期できれば、この問題は簡単に解決できますね。実はデータ転送ソフト「iPhone転送」を利用すれば、簡単にiPhoneとEメールの連絡先を同期できます。今回は例としてiPhoneとGmailの連絡先を同期する方法を皆様に紹介します。


GmailはGoogleが運営したメールサービスです、現在あるたくさんのメールサービスの中には大人気と言えるでしょう。iPhoneの連絡先をGmailに同期するのは、まずiPhone中の連絡先をGmailが認識できる形式のファイルに変換する必要があります。「iPhone転送」はまさにこの変換を簡単にできる便利なソフトです。「iPhone転送」はiOSデバイスとパソコンの間で写真・音楽・動画・メモ・連絡先・メッセージ等のデータを転送できる専用ソフトです。データの種類によって、転送後の形式も幾つが選択できます。今回は「iPhone転送」でiPhoneの連絡先をGmail対応の形式に変換し、Gmailに同期する方法を紹介したいと思います。


ダウンロードダウンロード

iPhoneの連絡先をGmailと同期する方法



ステップ1、まずは「iPhone転送」をパソコンにダウンロードし、インストールします。Windows版とMac版があり、どっちも無料ダウンロードできますので、お使いのパソコンに対応するバーションを選択してください。ソフトを実行し、iPhoneとパソコンと接続してください。

iPhoneを接続

ステップ2、画面左側のメニューから「連絡先」をクリックしてください。ここでiPhone中の全て連絡先を確認できます。Gmailに同期したい連絡先をチェックし、「インポート/エクスポート」のボタンをクリックしてください。更に「選択された連絡先をエクスポート」を指せば、連絡先を出力する際の形式を選択できます。Gmailに同期したいのなら、「vCard(Gmail)に」を選択してください、そうすれば連絡先はGmail対応形式として、パソコンにエクスポートされます。

連絡先をエクスポート

最後はパソコンでGmailにアクセスし、メニューから「連絡先」をクリックし、中にある「連絡先をインポート」を選択すれば、パソコン中にある連絡先ファイルをGmailに同期させます。「iPhone転送」はデフォルトでGmailやYahoo、Hotmailの対応形式に連絡先を変換できますが、もしほかのメールサービスをご利用中の方なら、汎用性高いのCSVファイルに変換すればいいです。ほかのメールサービスと同期する以外、「iPhone転送」でiPhone連絡先をバックアップすることもできます。iPhone中のデータを管理したい時は、「iPhone転送」は必ずお役に立つソフトです。ご興味があれば今すぐ下のリンクで「iPhone転送」をダウンロードして体験してみてください。


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone Gmail 連絡先

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018