x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iCloud メモ 同期

実用的なやり方!iCloudでiPhoneのメモを同期する方法

編集者 天川 北雄
2016.3.9 水曜日

現在、スケジュールアプリが手帳に取って代わって、メモを取る方は多いと思います。とても便利ですが、スマホが紛失してしまったり、壊れてしまったりすると、重要なメモは永遠に失われたのでしょうか?下記のiCloudを使ったメモの同期方法を学んだら、このような問題を心配しなくてもいい。iPhoneはiCloudを通して、メモを安全な場所にバックアップすることができます。これで、iPhoneを紛失しても、重要なメモが保存できます。ここで、iCloudでiPhoneのメモを同期する方法を紹介します。


1.「設定」に入り、「iCloud」をタップします。

設定

2.「iCloud」の中にある「メモ」をオンにします。

メモをオンにします

3.ホームページの「メモ」アプリを開きます。

「メモ」を開く

4.指でスクリーンの上から下までスワイプしたら(写真のような)、同一iCloudアカウントを使っているiOSデバイスでメモを同期させます。
*この操作は時間をかかるかもしれないので、少々お待ちください!

iCloudと同期

5.同期が完了した後、パソコンでiCloudのホームページに登録します。個人の「AppleID」とパスコードを入力した後、メモを同期したかどうかを調べれます。

メモを確認

6.「メモ」をクリックして、メモがその中に見られるのは同期成功の証です。

同期成功

iCloudを通して、iPhoneのメモは楽に同期できます。それだけでなく、iCloudを使えば連絡先、カレンダー、メール、Safariなども同じくらいの操作でiOSデバイスに同期できます!それからiCloudで追加されるメモなども、同期によってiPhoneに追加されます。もし必要があれば、ぜひこの便利な機能を試みてください!

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018