x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 音楽 同期

音楽をiPhoneに同期する方法

編集者 天川 北雄
2015.7.6 月曜日

今時のiPhoneは単の携帯電話ではない。写真や動画を撮れるし、音楽を聞くこともでき、他にもいろんな機能を搭載しています。特に音楽を聞くには便利ですね、音楽をiPhoneに同期すれば、いつでもどこでも好きな音楽を聞けます。しかしiPhoneに音楽を同期するにはちょっとした操作が必要なので、その方法をわからない方がいるかもしれません。そんな方のために、今日はここで皆様に音楽をiPhoneに同期する方法を紹介したいと思います。


音楽をiPhoneに同期するだと言ったら、恐らく皆様が真っ先に思い出すのはiTunesでしょう。確かにiTunesを使えば音楽をiPhoneに同期できますが、方法はこれだけではありません。データ転送ソフト「iPhone転送」を使えば、もっと簡単かつ便利にパソコンの音楽をiPhoneに同期できます。「iPhone転送」はパソコンとiOSデバイスの間でデータを転送するためのソフトです。音楽・動画・写真・連絡先など、いろんなデータを転送できます。これからはiTunes或いは「iPhone転送」を使って、音楽をiPhoneに同期する方法を皆様に紹介します。


「iPhone転送」の無料ダウンロードはこちら
ダウンロードダウンロード

モード1.iTunesを使って音楽をiPhoneに同期する方法
モード2.「iPhone転送」を使って音楽をiPhoneに同期する方法


モード1、iTunesを使って音楽をiPhoneに同期する方法



ステップ1、iTunesを起動して、「設定」→「デバイス」のところで、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れます。あとはiPhoneとパソコンに接続して、iTunesメイン画面で左の「iPhone」をクリックすれば、メニューは開きます、その下の「ミュージック」クリックしましょう。

iTunesと接続

ステップ2、「音楽を同期」のところにチェックを入れましょう。 それからもし全部の音楽を同期したいのなら「ミュージックライブラリ全体」を選択、一部の音楽をだけを同期したいなら「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」のところをクリックして、音楽を選択してください。最後に「通用」を押せば、音楽はiPhoneに同期されます。

音楽を同期

これで音楽をiTunes経由でiPhoneに同期できます。しかしこの方法なら、iTunesミュージックライブラリ中にある音楽しか同期でき、ファイルの種類もmp3に限定されています。少々不便だと思いませんか?なら次の「iPhone転送」を使って同期する方法を参照してみましょう!


モード2、「iPhone転送」を使って音楽をiPhoneに同期する方法



ステップ1、「iPhone転送」をダウンロードして、パソコンにインストールします。iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続したら、iPhoneは識別され、自動的に解析されます。

iPhoneを接続

ステップ2、「メディア」→「音楽」→「追加」の順でクリックすればいい、パソコン中の音楽をiPhoneに追加できます。一部の音楽を追加したいなら「ファイル追加」を選択、もしフォルダ中の音楽を全部iPhoneに同期したいのなら「フォルダ追加」をクリックすればいいです。それからもう一つ「iPhone転送」の目立つな機能として、追加する音楽は自動的にmp3ファイルに変換されます。つまりiTunesのようなフォーマットの制限はありません、便利ですよね!

音楽を追加

iTunesを使えば音楽をiPhoneに同期できますが、「iPhone転送」を使う方がもっと簡単だと思いませんか?それに「iPhone転送」には他にもいっぱい機能を搭載しています、例えばiPhoneの音楽をパソコンに転送することもできますので、もし興味があるのでしたら、ぜひ「iPhone転送」を無料ダウンロードして体験してみてください。


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone 音楽 同期

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018