x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone SD カード

SDカードとiPhone間のデータ移行が簡単にできる方法

編集者 星野 毅
2017.1.24 火曜日

SDカードは現在もっとも普及している記憶装置で、デジタルカメラ、DVやスマホなどの機械によく使われます。SDカードに対応するスマホの種類は少なくないですが、SDカードに対応できない、ストレージが内蔵するスマホもたくさんあります、iPhoneもその一つです。もしSDカードとiPhone間のデータを移行したいなら、皆さんはどうしますか?iPhoneのデータをSDカードに転送することはパソコンと接続すればできますが、写真・動画等の一部のデータに限ります。それからSDカードのデータをiPhoneに移行する場合、この方法はできません。でも、ご心配なく、これからSDカードとiPhone間のデータ移行が簡単にできる方法を皆さんに詳しく説明します。


方法一:「Lightning - SDカードカメラリーダー」を利用します



「Lightning - SDカードカメラリーダー」はアップル社に開発されたiOSデバイスの外付けSDカードリーダーです。このリーダーを使えば、デジタルカメラのSDカードからiPhoneに動画・写真を簡単に取り込むことができます。「Lightning - SDカードカメラリーダー」はJPEGやRAWなど標準的な写真形式を対応するの他に、H.264やMPEG-4などSDとHDの動画形式も対応します。「Lightning - SDカードカメラリーダー」をiPhoneに挿すと、データは「写真」アプリに表示されます。


しかし、アップル純正の「Lightning - SDカードカメラリーダー」はSDカード→iPhoneに写真・動画を送信するだけで、iPhoneからSDカードにのデータ転送ができません。アップル以外、「iACCESS」・「CR8800」などの SDカードリーダーはSDカードとiPhone間のデータを移行することを対応しますけど、各メーカー専用なアプリを使うひつようがあるので、便利ではありません。そこで、皆さんに一つもっと便利なSDカードとiPhone間のデータを移行する方法を紹介します。


方法二:「iPhone転送」を利用します



iPhone転送」を使えば、SDカードとiPhone間のデータ移行は簡単にできます。「iPhone転送」は最近注目されているFonePaw社に開発されたiOSデバイスのデータ管理・転送ソフトです。一目瞭然なインターフェースで、初心者でもiPhoneのデータを管理できます。以下は「iPhone転送」で、SDカードとiPhone間のデータ移行が簡単にできる方法を説明します。



ステップ1、パソコンにダウンロード・インストールした「iPhone転送」を起動し、それからSDカードをPCに挿して、iPhoneもUSBケーブルでPCと接続してください。

iPhoneを接続

ステップ2、まず紹介するのはSDカードからiPhoneにデータを転送する手順。転送したいファイルの種類によって、メニューにその対応するカテゴリーを選択します。そして、追加ボタンを押して、SDカードからのファイルを選んで、「確認」をクリックすればSDカードからiPhoneにデータを転送できます。

音楽追加

ステップ3、iPhoneのデータをSDカードに転送する手順:SDカードに転送する予定のファイル種類によって、対応するカテゴリーを選択して、具体のファイルを右画面に確認して、チェックを入れます。その後、「エクスポート」を押して、出力先をSDカードに選定、「OK」をクリックすればiPhoneのデータをSDカードに転送することができます。

写真転送

以上は今回すべての内容です。「iPhone転送」の対応するデバイスはiPhoneだけでなく、iPad・iPod TouchなどのiOSデバイスに対応できます。早速お持ちのiOSデバイスで試してみるのはどうですか?


関連記事
iPhone SD カード

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018