x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iTunesライブラリに転送

iPhoneからiTunesライブラリにデータを転送する方法

編集者 天川 北雄
2015.9.25 金曜日

iTunesはパソコンから音楽や動画を転送できる便利なソフトです。iPhoneをiTunesライブラリと同期すれば、データは転送され、iPhoneはライブラリと同じ状態になります。しかしもしパソコンが壊れた、もしくは機種変更する時、iTunesライブラリは空になります。こんな状態でiPhoneとiTunesを同期すれば、iPhone中にあるデータも全部なくなります。こういう場合はもしiPhoneから逆にデータをiTunesのライブラリに転送できれば、問題は解決できますが、iTunesにはこういう機能が搭載していない。


こういう時、データを失わないためには、データ転送ソフト「iPhone転送」を借りる必要があります。「iPhone転送」はパソコンとiPhoneの間で写真・動画・メッセージ・連絡先・ボイスメモ・音楽などのデータを簡単に転送できる便利なソフトです。パソコンの任意位置へデータを転送でき、音楽やビデオなどのデータを直接iTunesのライブラリに転送することも可能。データの転送速度はは速い上、操作もすごく簡単。早速iPhoneからデータをiTunesライブラリに転送する方法を皆様に説明したいと思います。



ダウンロードダウンロード

「iPhone転送」でデータをiPhoneからiTunesに転送



ステップ1、「iPhone転送」の対応バーション(Windows版もしくはMac版)をお使いのパソコンにダウンロード。ソフトをインストールした後、iPhoneをパソコンと接続すれば、iPhoneの解析が自動的に開始し、容量・機種・バーションなどの情報を確認できます。

iPhoneを接続

ステップ2、ソフトのメインインターフェースにある「iTunesに」のボタンをクリックすれば、iTunesのライブラリに転送できるデータの種類が表示されます。転送したいデータをチェックして、「スタート」を押せば、それらのデータは一気にiTunesライブラリに転送されます。

データを転送

ステップ3、もし一部のデータを選び出して、それだけをiTunesに転送したいのなら、左のメニューでまずデータの種類を選びます。そしたらiPhone中にあるこの種類のすべてのデータをプレビューできます。iTunesに転送したいファイルを選択して、「エクスポート」から「iTunesにエクスポート」をクリックすれば、データはiTunesライブラリに転送されます。

一部のデータを転送

iPhoneのデータをiTunesライブラリに入れれば、たとえ同期しても、iPhone中のデータは影響しない。自由にiTunesを使って動画や音楽をiPhoneに同期できます。しかし、iTunesを使う以外に、この「iPhone転送」を使えば同じくパソコンからいろんなデータをiPhoneに入れます。無料試用版もありますので、興味ある方はソフトをダウンロード試してみるのはどうでしょう?


ダウンロードダウンロード
関連記事
iTunesライブラリに転送

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018