x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPad DVD 再生

変換ソフト不要!DVDをiPadで再生できる方法

編集者 星野 毅
2016.9.8 火曜日

iPadシリーズとは、アップル社が開発した、タブレット型の薄型コンピューター(最初の製品発表は2010年1月)。液晶ディスプレー上を指で操作するマルチタッチスクリーンを搭載する。発売時から、人々に愛用されています。iPadの機能の中、ユーザーに最も愛用されているのは便利な動画放送機能です。ユーザーはiPadでどこにもいつでも動画を見ることができます。しかし、iPadはDVDを放送できませんので、DVDをiPadでみたい時、どうすればいいでしょうか。普通の方法は、変換ソフトでDVDのファイルをiPad専用の形式に変換して、転送ソフトを使って、動画をiPadに移動します。iPadの初心者に対して、複雑なことです。今回は変換ソフト不要のDVDをiPadで再生できる方法を初心者の皆さんに紹介したいです。初心者ではない方も、この方法はいま使用中のより簡単かもしれませんので、良かったらご参考ください。


この方法は、他の形式変換ソフトを使わずに、「iPhone転送」というiOSデバイスデータの管理・バックアップ・転送専用ソフトだけで、DVDをiPadで再生できる方法です。複雑な形式変換のステップをスキップして、手軽にDVDをiPadで見えます。「iPhone転送」はこの機能の他に、写真・音楽・連絡先・メッセージなどのデータを楽に管理・転送することができます。皆さんはご興味があれば、無料試し版をダウンロードして体験しましょう!


ダウンロードダウンロード

DVDをiPadで再生できる方法



ステップ1.ドライブでDVDのフォルダを開き、「VIDEO_TS」のフォルダから、VOBのファイルをコピーして、パソコンに貼りつけてください。(一部の著作権が掛かったDVDでは、取り込めない場合がありますので、ご注意ください。)


ステップ2.「iPhone転送」をダウンロード・インストールします。そして、ダブルクリックしてプログラムを開きて、iPadをパソコンと接続します。接続成功する前に、少々お待ちください。接続完了した後、iPadの情報がソフトに現れます。

iPadを接続

ステップ3.左にある「メディア」をクリックして、そして上にある「ムービー」を押します。DVDをiPadで再生したい場合、「追加」を押して、パソコンに貼りつけたVOBのファイルを選択して、iPadに転送します。「iPhone転送」は自動にVOBのファイルをiPadで放送できる形式に変換して、iPadに転送するから、他の操作が必要ありません。完成する前に、しばらく待ちます。転送が終了した後、iPadの「ビデオ」アプリに確認してください。

iPadに転送

ただ三つのステップで、DVDをiPadで見えます。普通変換ソフトを利用する方法により、この方法はもっと便利でしょうね。「iPhone転送」はFonePawより開発したiOSデバイス専用のデータ管理・転送のソフトです。FonePawは他のiOSデバイス対応ソフトも開発して、例えばiOSデバイスのデータが紛失した時、データ復元のソフト―「iPhoneデータ復元」です。壊れたiPhoneのデータを復旧したいなどのiOSデバイスデータ復元の需要があれば、「iPhoneデータ復元」がおすすめです。


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPad DVD 再生

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018