x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPodからiTunesに曲を移す方法

iPodからiTunesに曲を移す方法

編集者 天川 北雄
2015.12.18 金曜日

iPodの一番の用途は音楽を聞くことと言っても過言ではないでしょう。もしiPod中の数多な曲をiTunesのライブラリに入れたいなら、どんな方法を使えばいいでしょう?もしストアで購入した音楽なら、Apple IDでログインして、音楽を再ダウンロードできますが、数が多いと時間も掛かります。もしストアで購入したものではないなら、Apple公式の方法なら、iPodからiTunesに移すことはできません。だからこの問題に困っている方に、一つ便利な方法を紹介します。


普段iPodの中に曲を入れるには、基本iTunesライブラリ経由ですので、iPodの曲をわざわざiTunesに移すことは一見、あまり必要がないかもしれません。実際iTunesにもそのような機能を搭載していない。しかしもしパソコンが機種変更した、もしくはパソコンに不具合があって、データが消えた場合、もしiPod中の曲を直接iTunesライブラリに移せば、便利ですよね。iTunesではこのことができないが、データ転送ソフト「iPhone転送」を使えば、簡単に曲を移せます。詳しいやり方についてはここから説明したいと思います。


ダウンロードダウンロード

iPodの曲をiTunesライブラリに移す



ステップ1、「iPhone転送」のインストールパックをパソコンにダウンロードして、インストールします。ソフトを起動後、USBケーブルでiPodとパソコンを接続してください。ソフトは自動的にiPodを認識し、ソフトのメインインターフェースでデバイスの機種・容量・iOSバーション等の情報を確認できます。

iPodを接続

ステップ2、メニューから「メディア」をクリックして、更に「音楽」選択すれば、iPodなかにある曲を全部ここで確認できます。曲をダブルクリックすれば、再生することもできます。ここで移したい曲をチェックして、「エクスポート」→「iTunesライブラリへエクスポート」の順でクリックすれば、曲をはiTunesライブラリに移せます。ちなみにここで「PCへエクスポート」を選択するなら、曲をパソコンの任意位置に移すこともできます。

曲を移す

以上は「iPhone転送」でiPodから曲をiTunesに移す方法です。もちろん、「iPhone転送」でできることはこれだけではありません。「iPhone転送」はiPhone・iPadにも対応で、移せるデータの種類も写真・動画・連絡先などいろいろあります。例えばiPhoneの音楽をパソコンに転送することも可能ですので、iOSデバイスユーザーにとっては、きっとお役に立てる便利なソフトになれるでしょう。今すぐ「iPhone転送」をダウンロードして使ってみませんか?


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPodからiTunesに曲を移す方法

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018