x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPodに動画を入れる方法

iPodに動画を入れる方法

編集者 天川 北雄
2017.7.17 月曜日

iPod(アイポッド)はアップルが開発・販売する携帯型デジタル音楽プレイヤーで、発売当初からずっと大人気を集め、世界中に多くのユーザーに愛用されています。最新のiPod touchではアプリをインストールでき、動画を見ることもでき、iPhoneとほぼ同等の機能があると言えます。本記事はパソコンからビデオ動画をiPodに入れる方法を紹介します、ご興味があれば是非読んでみてください。


具体的な手順を説明する前に、まずはこの方法で使える転送ソフト「iPhone転送」を簡単に紹介します。「iPhone転送」はFonePawソフトウェアが開発したデータ転送専用ソフトで、iPad・iPhone・iPod全機種を対応できます。このソフトを使えば、iPodなどのiOSデバイスとパソコンの間で画像・ビデオ・音楽・連絡先などのデータを転送できます。今回紹介するのはこの「iPhone転送」でパソコンから動画をiPodに入れる方法です。「iPhone転送」は無料試用でき、試用期間内パソコンからデバイスのデータ転送は制限なくで行えます。ご興味ある方は下のダウンロードボタンをクリックして、ソフトを使ってみてください。


PCからiPodに動画を入れるやり方



ステップ1、ソフトをパソコンにインストールして、起動します。iPodとパソコンをUSBケーブルで接続すれば、ソフトは自動的にiPodを認識し、機種・iOSバージョン・ストレージ容量などの情報を表示します。

iPod接続

ステップ2、動画をiPodに入れたい場合、まずメニューの「メディア」をクリックします。そして中で「ムービー」の項目を選択して、「追加」→「ファイル追加」をクリックすれば、パソコン中にある動画ファイルを選択して、iPodに入れます。

動画を入れる

上記の2ステップだけでPCから動画をiPodに入れます、便利ですね。入られた動画はiPhoneの「ビデオ」アプリで見えます。動画を入れる以外、逆にiPodもしくはiPhoneの動画をパソコンに保存することも、「iPhone転送」を使えば簡単にできます。「iPhone転送」はWindows・Macの二バージョンがあり、どちらのOSのPCも対応できます。今すぐ「iPhone転送」をダウンロードして、その便利さを体験してみませんか?

関連記事
iPodに動画を入れる方法

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018