x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPad 動画 転送

iPadに動画を転送する簡単な方法

編集者 天川 北雄
2015.9.17 木曜日

前日、Appleは2015秋発表会でiPadシリーズの最新機種、iPad Proを発表しました。性能面もいろいろ増強されましたが、iPad Proの一番注目すべきところといえば、やはり大きさですね。12.9インチの大画面を持ち、今までの各機種の中で一番大きいです。もしシリーズ最大の画面を持ち、このiPad Proで動画を見れるならいいですね。iPad Proで動画を見るには、ショップで購入する以外、パソコン中の動画を転送して見ることもできます。しかし皆様は動画をiPadに転送して見る方法はご存知でしょうか?今日は皆様にPCの動画を簡単にiPadに転送出来る方法を紹介したいと思います。


PCの動画をiPadに入れるには、データ転送ソフトを使うことをお勧めします。今日皆様に紹介したいのも、データ転送専用ソフト「iPhone転送」を使って動画をiPadに転送する方法です。「iPhone転送」はiOSデバイスとパソコンの間でのデータ転送のために開発された専用ソフトです。多彩な機能を持ち、写真・音楽・動画・メッセージ・連絡先・ボイスメモなど、いろんな種類のデータを転送可能。操作もUIもわかりやすく設計され、たとえ初心者でも、簡単に「iPhone転送」を使えこなせます。ここからは動画をiPadに転送することを例にして、皆様に「iPhone転送」の使え方を説明します。



ダウンロードダウンロード

「iPhone転送」を使って動画をiPadに転送しましょう



ステップ1、まずお使いのパソコンにiTunesがあるかどうかを確認しましょう。パソコンがiPadを認識するためにはiTunesが必要ですので、もしないのでしたらAppleの公式サイトでダウンロードしましょう。あとはMac版或いはiPhone版の「iPhone転送」をダウンロードして、インストールしてください。あとはケーブルでiPadとパソコンを接続します。

iPadを接続

ステップ2、メニューから「メディア」を選択して、「ムービー」をクリックします。ここでiPad中の動画を確認できます。もしこの中に新しい動画を追加したいのでしたら、「追加」ボタンを押せばできます。一つずつファイルを追加することもできますが、フォルダごと追加するのも可能です。

パソコンの動画をiPadに転送

ちなみにここでiPad中の動画をチェックして、「エクスポート」から「pcにエクスポート」を選択すれば、iPad中の動画をパソコンへ転送することもできます。転送先のフォルダも好きなように設定できます、転送された動画はパソコンでバックアップとしてだけではなく、直接見ることもできます。

iPadの動画をパソコンに転送

これで自由にiPadで好きな動画を堪能できますね!しかしiPadは大きい画面の代わりに体積の大きい、外に持ち出すには多少なりに不便ですね。だから外にいるときはやはりiPhoneで動画を見ることをおすすめします。「iPhone転送」を使えば、パソコンの動画をiPhoneに入れることも簡単にでき、更に直接iPadの動画をiPhoneに取り込むこともできます。そうすれば、どんな時どんな場所でも好きな動画を見れます!


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPad 動画 転送

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018