x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhoneに動画を入れる

簡単にパソコンの動画をiPhoneに入れる方法

編集者 天川 北雄
2015.7.22 水曜日

パソコンで動画を見るのもいいですが、もしその動画をiPhoneで見ることができるのならもっと便利ですね、場所の制限がなくなり、いつでもどこでも動画を見れます。でもパソコン中の動画をiPhoneに入れるのはどうすべきでしょうか?iPhoneで見れる動画の拡張子は制限ありますし、iTunesでの動画をiPhoneに入れる操作も複雑です。だからここはもっと簡単な方法を求めている方に、データ転送ソフト「iPhone転送」を使って動画をiPhoneに入れる方法を紹介します。


FonePawソフトウェアが開発したデータ転送専用ソフト「iPhone転送」は、iOSデバイスとパソコンの間で写真・動画・音楽・連絡先・メッセージなどのデータを自由に転送できます。これを使ってパソコンの動画をiPhoneに入れるのは簡単、複雑の操作は一切なし、動画を選択してクリックするだけでできます。そして一番の注目すべきところは「自動的にファイルを変換できる」ことです。「iPhone転送」を使って動画をiPhoneに入れるには、たとえ動画の拡張子はmp4じゃなくても、転送するとき自動的に動画を変換し、iPhoneに入れたら直接見れます。わざわざ自分で手間を掛けて変換する必要がなく、ただパソコン中の動画を転送するだけです、極めて便利ですよね!


ダウンロードダウンロード

簡単にパソコン中の動画をiPhoneに入れる方法



ステップ1、「iPhone転送」はWindows・Macの二バージョンがあります。パソコンの機種で対応バージョンをダウンロードして、インストールします。ソフトを実行したあと、iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続したら、iPhoneは自動に識別され、容量・OSバージョン・機種等の情報を確認できます。

iPod touchを繋ぐ

ステップ2、左のメニューで「メディア」→「ムービー」をクリックすると、現在iPhoneにある動画ファイルを確認できます。新しい動画をiPhoneに入れたい場合、「追加」ボタンを押して、パソコン中の動画ファイルを選択すれば、自動的にiPhone対応なファイルに変換され、iPhoneに入れます。後でこの動画をiPhoneで見ることができます。

動画を入れる

これからパソコンの動画をiPhoneで見たい時は、わざわざ動画変換ツールなどを検索して自分で変換する必要がなくなりました。iTunesの複雑な操作も気にせず、思うままに好きな動画をiPhoneに入れましょう!それから「iPhone転送」はデータ転送専用ソフトなので、動画を入れるだけではなく、iPhoneの動画をパソコンに転送することもできます。無料試用もできますので、今すぐダウンロードして、「iPhone転送」の便利さを体験してみましょう!



ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhoneに動画を入れる

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2017