x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 懐中電灯

iPhoneを懐中電灯として利用する方法

編集者 石橋 東雅
2016.8.4 木曜日

たまに、周りが突然真っ黒になった場合があります。例えば、停電している時ですね。その場合、懐中電灯が欲しいですね。しかしもし手元にはこの大切な道具がないならどうしよう、真っ黒の中で、慌てて懐中電灯を探すしかありませんか?たとえ懐中電灯を見つけたとしても、中身はバッテリーがない等の原因で利用できない悲惨なこともあります。いざという時、どのようにするほうがいいでしょうか。


答えは身近におくiPhoneを利用することです!今懐中電灯を使うチャンスが少ないですが、iPhoneユーザーにとってiPhoneは毎日持ち歩くものです。やみに襲われた場合、手元のiPhoneが懐中電灯の役割を果たして、光りを出したら助かりますね。だから、ここで重宝なiPhoneを懐中電灯のように点灯・消灯する方法を紹介します。操作方法は意外に簡単ですよ。


iPhoneを懐中電灯の代わりにする方法


iPhoneのメインメニュー画面に入って、下から上へスワイプすれば、次のようなメニューが表示されます。そして、左下の「懐中電灯」マークをタップしてください。

設定

マークが白くなったら、iPhoneのLEDフラッシュライトも点灯します。懐中電灯ライトの使用が終了したら、もう一度マークをタップしてください。これでiPhoneは消灯して元の状態に戻ります。

点灯

iPhoneのデフォルト機能から光る方法だけではなく、いろんな懐中電灯アプリを利用することでも点灯できます。App Storeで検索すればたくさんの結果が出ています。懐中電灯アプリは一般的にはiPhoneのデフォルト懐中電灯より豊富な機能を持ちますから、使いたいなら自分の好きなアプリを選択してください。


アプリ

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018