x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Twitter 字数制限拡大

Twitter、字数制限を140文字から280文字に拡大

編集者 馬井 殿人
2017.11.22 水曜日

以前Twitterのユーザーは最大140文字のツイートしか投稿できません。しかし今この制限は倍の280文字に拡大されました。Twitterは11月7日からほとんどの国のユーザーが280文字でツイートを発表できると発表しました。9月より、Twitterは既に一部ユーザーを対象に新規機能をテストしていました。今回の制限拡大の原因は、英語でツイートする場合、表現が中途半端なままではすでに文字数上限の140文字に達した状況が多いからです。


長い間、Twitterはあまり大胆に製品を調整したことがないので、今回の文字数制限拡大は大きな意味があります。現存のユーザーを引き止める、そしてより多くのユーザーの支持を得るため、Twitterプロダクトチームは新機能のテストスピードを高めて、できるだけ早くユーザーに提供したいようです。

ツイッター

Twitterによれば、従来の資料から見ると、9%の英語ツイートは140文字に制限され、ユーザーに時間をかけて編集する必要があり、いっそツイートを諦めるユーザーもあります。テスト中、Twitterはユーザーにより多くの文字を入力することを許可しましたが、ツイートが長すぎてスピードが影響されることは望んでません。Twitter社のプロダクトマネージャー、アリシア・ローゼン氏(Aliza Rosen)は、文字数制限を増やす同時に「速くて簡潔」という特徴を維持したいことを表明しました。


テストの最初、280文字ギリギリいっぱいのツイートがたくさんあったが、しばらく経って従来の習慣に戻りました。ローゼン氏はまた、ユーザーが140文字超のツイートを投稿する場合、簡単にツイートできるし、投稿頻度も高まった。その一方、もっと重要なのは、ほとんどのツイートが140文字以下に戻り、Twitterの簡潔さが保留できたと述べました。


TwitterはユーザーがTwitterのプラットフォームにとどまる時間が長くなり、参加度も高くなったを気づいた。文字数制限拡大後、280文字をフルに編集したツイートが1%しかありません。テスト中、140文字超のツイートはわずか5%、190文字超のツイートは2%です。ユーザーのタイムラインから見れば、ツイートの数が同じだとローゼン氏は言いました。


しかし、日本、韓国、中国のユーザーはTwitter利用時に、相変らず140文字を超えられません。何故かと言うと、この三国の言語の「密度」が高くて、140文字以内でも情報量が十分だとTwitterは考えているからです。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018