x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone アップデート やり方

iPhoneアップデートのやり方

編集者 天川 北雄
2016.3.2 水曜日

アップル会社は不定期にiPhoneのソフトウェアのアップデートサービスを提供します。アップデートを行いましたら、新しい機能が追加され、より便利に使用できます。
アップデートの方法は二つあります。iPhone本体でwifiを接続したアップデート方法とパソコンの「iTunes」でアップデートする方法です。ここでiPhone本体とiTunesを通して、二つのアップデートを行う方法を紹介します。
ご注意
*アップデートを行う前に、iTunesもしくはiCloudでデータをバックアップしてください
*バッテリーが十分に充電されていることをご確認ください
*安定しているwifi環境でアップデートを行ってください


モード1、iPhone本体でアップデート
1、iPhoneの「設定」に入り、「一般」をタップします。中にある「ソフトウェアアップデート」を選択します。

設定

2、「ダウンロードしてインストール」を押します。(もしすでにダウンロードが完成した場合は「インストール」をタップします。)パスコードが設定した場合、ここでパスコードの入力も必要です。

パスコード入力

3、利用条件の画面が現れます。利用条件を確認して、「同意する」をタッチします。するとアップデートデータはダウンロードされます。ダウンロード完成したら「今すぐインストール」をタップするとアップデートが行われます。(既にダウンロード完了された場合は直接インストールします)

アップデート

*インストールが完了するまで少々お待ちください。
*インストールが完了した後、本体が再起動されます。
再起動後、下記のスクリーンショットのような画面が現れ、「続ける」を選択すればアップデートは完成です。

アップデート完成

モード2、iTunesでアップデート
1、パソコンで「iTunes」を開き、iPhoneとパソコンを接続します。写真のように、iPhoneのアイコンをクッリクします。

iTunesを開く

2、後は「更新」をクッリクします。「更新の確認」や「使用規約」に同意した後、ダウンロードが開始されます。ダウンロードが完成したら自動的にアップデートが始まります。
*ダウンロードと更新中の時、iPhoneとパソコンの接続を切らないでください!

更新をクリック

3、インストールが完成した後、iPhoneが自動的に再起動します。同じくこの画面で「続ける」をタップすればアップデートは完了します。

アップデート完成

ソフトウェアアップデートのメリット
アップデートを行いましたら、いろんな新しい機能が追加されます。それだけでなく、旧機能を改善できるとともに、幾つかのバグも修復できるし、またより多くのファイル形式に対応できるようになりますので、利用可能なソフトウェアのアップデートがある時、注意事項をしっかり取ったうえで早めにアップデートすることをおすすめします。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018