x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  「Waymo」新特許:車体柔軟化

Google発「Waymo」新特許:衝突時車体が柔軟化し、歩行者を保護する

編集者 馬井 殿人
2017.9.8 金曜日

自動運転車の安全性がより高いとよく思われています。なぜかというと、自動運転車のミスは人より少ないはずからです。しかしGoogleの親会社であるAlphabet傘下の自動運転車会社Waymo(ウェイモ)はその安全の保証にだけ留まることはなく、最近、新しい特許を取りました。それは歩行者の安全のために、衝突時に車体がクッション化することです。

Waymo

この特許は内蔵のケーブル材、棒材とバネを使って、車体、バンパー、ボンネットの剛性を変化させる技術です。センサーが歩行者に衝突すると感知したら、この車はボディー内部の張力を弱めて、剛性の低い表面に変え、歩行者への被害を抑えます。


この技術はまだ特許を取った(2015年に)だけで、Waymoが本当に応用するかどうかはまだわかりません。しかもこの技術は応用面上ではまだいくつかの疑問が残っています:こういうボディは車同士の衝突では本当に十分な保護を提供できるのか、使う素材は車の重量やコストを大幅に高めるのではないか、この技術により車の運転者や同乗者に被害が起こすリスクが高くなったかどうかなど。この技術を本当に応用するなら、Waymoはまずこれらの問題を解決しなればなりません。


応用製品を開発しなくても、この特許技術からはWaymoの考え方が見えます。この会社は、自動運転車はただ安全性を高める一歩だと思っており、その上で、彼らはさらに進んで衝突被害者を保護する方法を考えています。


Waymoの考え方は実用を重視しています。今人々は自動運転について関心を持っており、衝突事故に特に目をつけています。もしWaymoが自動運転の被害を最低限にできるなら、命を救うだけではなく、人々のこの技術に対す信頼も深められます。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018