x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  WP 8.1サポート終了

WP 8.1は iOSとAndroidに負け サポートを終了

編集者 馬井 殿人
2017.7.25 火曜日

かつて、私たちがスマホを購入した時に、iPhone、またそのライバルAndroidとWindows Phone三つの選択があります。しかし現在のスマホ市場はiPhoneとAndroidに占められ、マイクロソフトも7月12で「Windows Phone 8.1」のサポートを終了することを正式に発表しました。

Windows Phone

iPhone、AndroidとWindows Phone三者が並立する時代が終わりました。(もちろん、マイクロソフトがより先進的、優れたな移動OSを提供することを期待できます)。


マイクロソフトは、Windows Phone 8.1のスマホ向けのアップグレードや技術サポートは提供されなくなると発表しました。Windows Phone 8.1はWindows Phoneの最終バージョンで、一部の機種(例:Lumia 950)に「Windows 10 Mobile」へのアップデート等のサポートが継続しますが、たとえLumia 950にしても、もう2年前の機種です。


マイクロソフトは2010年にWindow Phone 7を発表し、これによってiOSやAndroidデバイスに挑戦しようと希望しました。マイクロソフトはTiatのインターフェースをリリースしましたが、OSに一部肝心な機能が不足で、そしてそのOSを搭載する目立つデバイスも不足なので、最終的には、スマートフォン市場でiPhoneとAndroidデバイスに徹底的に潰されました。今マイクロソフトとAppleの競争というと、iPad、AppleノートパソコンやSurface製品の競争に指すことが多い。


また、マイクロソフトのモバイル戦略もiOSやAndroidのアプリやサービスをめぐって展開します。例えば、iPhoneやiPadで使用できるOfficeなど。今後マイクロソフトもiOSデバイスにより優秀なアプリを提供し続けると思われます。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018