x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Windowsタイムサービス故障

Windowsタイムサービス故障 ユーザーに間違った時間を送信

編集者 馬井殿人
2017.4.12 水曜日

マイクロソフトは深刻な技術問題に遭ったみたいで、Windowのタイムサービスが全世界各地の大勢のユーザーとデータセンターに間違った時間を表示して、なんと最大1時間進んで表示された状況もある。この事態が一定程度にコントロールされたが、Windowsのサーバとまだ完全に同期してない。Windowsデバイスとインターネットインフォメーションサービスのサーバはこの影響を受ける可能性が最も高い。

タイムサービス

4月3日未明ごろ、RedditとTwitterでこの問題がに遭ったユーザーが報告始めた、今、問題の原因がまだ明かしていない。「Windowのタイムサーバが外部同期源との接続を失ったが原因かもしれない」と一部のユーザーが推測した。


日本で影響を受けたPCの時計は、4日未明までに自動で直ったと発表したが、もし今後まだ同じ問題が起きた場合、これに対する一つの対処法は、問題が完全に解決される前に、ユーザーがほかのネットワークタイムプロトコル(NTP)に変換すること。しかしNIST、NTPまたはGoogleも各自のタイムサービスを提供してるが、変換する前には、PCのシステムとの互換性を確認してください。NTPによって、間違った時間がいろんな問題を起こすかもしれない。ユーザーのPCのシステム事件が間違ったタイムスタンプを持つだけではなく、たくさんの安全機能も時計の精度に関わる。

タイムサービス

たくさんのネット安全機能が時間をその運作の一環として依存する。もし、攻撃者が時間をごまかすことができるなら、彼らはほかの安全元素に避ける或いは中和できるかもしれない。例えば、不正確な時間の影響を受けったシステムのログファイルとほかのシステム事件間での協調能力を中断できるかもしれない。要するに、こういう安全脅威からPCとネットを保護する最も良い方法はNTPサービスとのリアルタイム更新を維持すること。

タイムサービス
関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018